無料ブログはココログ

amazon

  • PCソフト
  • DVDベストセラー
  • ベストセラー
  • ウィジェット

トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月30日 (月)

「かわすみひろし本舗」 短編作品

 芥川龍之介、O・ヘンリー、太宰治など、短編の名手は数多い。漫画でもそうで、ここで具体名は挙げられないのだけど、短いなかに諧謔や精妙なカラクリを仕込む名人というのはいる。

 なにせ、自分の子供の頃は星新一や筒井康隆の短編がブームで、友達同士で本のやり取りをしていた時代である。この世代の短編への偏愛というのは間違いなく存在する。

 自分は出版社の編集さんと仕事をさせていただいて、野心家ほど作家に短編を描かせないというのは肌に感じている。これはとてもわかりやすい話で、単行本として出版した時、大ヒットする短編集というのがほぼ皆無だからである。

 具体的に漫画の名前を出せないので、文芸作品を例に出すのだけど、村上春樹の短編は良いものだし、「螢」は自分の好きな短編なのだけど、あれは「ノルウェイの森」という二巻本に作り替えられて初めて大ヒットした。自分は短編の「螢」はいいものだと思うけれど、出版社は「ノルウェイの森」を欲しがっている。

 自分は若いころ、漫画家というのは短編をいくつも描かせてもらって、ある程度自信をつけてから長編作品を描くのだと思っていたのだが、その考えはたいてい鼻で笑われる。編集は「ヒット作」を欲しがっているのであって、出来のいい短編などは求めていない。新人でもどんどん連載作品を描かせるし、短編を描く場合は、それは読者ばかりではなく、極端な話、編集長へのプレゼンという意味をもたされる。

 もちろん、そうでない編集さんもいる。自分もここ数年はいくつか短編作品を描かせていただいて、出版社さんには迷惑だったかもしれないけれど、自分は夢がかなってとても楽しかった。ただ、それがその出版社さんにほとんどどのような利益ももたらさなかったということは大問題なのである。

 このような問題は、漫画が雑誌で読むものではなくなった、という時代の変化によっていっそう厳しいものになってしまった。出版社としては、限られた紙面で多くの単行本発行予定の作品を掲載して、つまり、単行本のカタログとして雑誌を発行して、より多く単行本を売りたいという姿勢にシフトしている。ますます短編作品の立場がなくなってしまったのである。

 漫画というのはキャラクターであって、キャラクターが注目を集めて、出来ればグッズ展開も期待できて、それが何年も持続的に人気が続いていくことが重要。これが今の正義である。自分もこれには同意。でも、その一方で漫画というのは愛される人間ばかり描写するものではないし、ときにとんでもなく醜いものを描く場合だってある。そして醜いものを面白く描こうとすると、短編という一撃必殺の形式は、とても有効なのである。

 短編は「毒」である。「毒」は過剰に摂取すれば命にかかわるけれど、少量ならば薬にもなる。「スパイス」にもなる。そして、そういう「毒」にのみ特化した作家さんがいて、それに刺激されて長編に生かそうとする作家さんもいる。漫画はそういう相互作用によって発達してきた面もあるんじゃないかな。

 最近、ネット上で「読み切り不要論」みたいなのがあったので、それに便乗してちょっと自分の考えを書いてみた。

 何か画像がないとさみしいので、「風より疾く」のネーム絵を貼り付けてみる。

Img001

 この二人は描いていて楽しかったし、今でも頭の中で勝手に動きまわってます。自分が楽しかったから読者も楽しいだろうというのは独善以外の何者でもないけれど、でも作者がニコニコしながらこの話を描いていたというのは、ホントの話。

2012年4月21日 (土)

「かわすみひろし本舗」 東京タワーその4

 東京タワー特別展望台(公称250メートル)からレインボーブリッジとお台場フジテレビ方面を眺めます。

P1040043

 まるで東京タワーからの眺めを意識したかのようなナイスな構図です。もやがかかってしまったのが残念ですが、これもまた今の東京を象徴する風景でしょう。

 特別展望台で文字通りの「高みの見物」を終えたところで、エレベーターで大展望台に降ります。すると今度は例のあれが見れます。

P1040076

 床にぽっかり穴が開いていて、150メートル下の風景が見えます。 これがルックダウンウィンドウです。イデオンより高いです。

 自分が行ったときは中国からの団体さんがいて、いかつい体の親父さんが嬉しそうに飛び跳ねていました。気持ちはわからないでもない。
 日本の子供たちも案外平気そうに寝転がったりしていました。自分もどうかなと少しドキドキしながら乗ってみたのですが、案外平気なものですね。日本の技術に万全の信頼を持っているからでしょうか。

 展望台から降りますと、フットタウンがあります。例の蝋人形館で有名なあれです。飲食店と土産物屋完備。催し物もやってるようでいろいろ楽しめそうです。

 今回は展望台からの風景というテーマで見てきましたが、高い所から都心を眺めるというのはかなり楽しい体験でした。これは、都内を自分の足で歩いていくつかのビルを知っていると尚更楽しいです。

 さて、続いては東京スカイツリーからの展望になります。東京タワーとどれくらい違う風景が見られるのか、また、地上450メートルの高さに自分は耐えられるのか、ドキドキします。

P1040321

東京スカイツリー編につづく……開業を待て!

2012年4月19日 (木)

「かわすみひろし本舗」 東京タワーその3

 東京タワー公称250メートルの特別展望台から見た上野・浅草方面の風景です。

P1040038

 例のMoriビルが屋上部分をさらしています。これこそ展望台というべきでしょう。
 この高さからだとほとんどすべてのビルが地平線より下になります。漫画家さんが風景を描く場合、まず地平線のラインを一本引いて、自分の目線より上に見えるものをラインより上に、下に見えるものを下に描くものですが、その理屈で言えば、自分はこの風景の中で一番高い所にいることになります。

 一番奥に見えるスカイツリーを除いての話ですが。

Skytree

 あちらは634メートルの高さなので、こちらの展望台の約2.5倍くらいですか。とにかくべらぼうに高いです。
 スカイツリーのある浅草・向島のあたりは東京でも指折りの下町ですから、周囲に巨大なビルがほとんど存在しません。そこにそびえるスカイツリーはまさに孤高の貴婦人。意地悪な言い方をすれば場違いなあぶれ者。なにやら寒々しい感じがします。

 東京タワーにしても、完成当時はこんな風に違和感のある風景だったのでしょうか。この先半世紀ほど時間が経過すれば、今の東京タワーのように周囲に巨大なビルがいくつも取り囲んでにぎやかで活気のある風景になるのかもしれません。その時代まで自分が生きられるかどうかわかりませんが、是非そのような新しい東京の風景が作られていってもらいたいものだと思います。もちらん、今ある下町の情緒をたっぷりと継承する形で。

続いて六本木方面

P1040039

こちらは地平線のラインより上に飛び出しているビルがいくつもあります。東京タワーの特別展望台よりも高いのだから250メートル以上のビル?と考えてしまいそうですが、実は違います。

 特別展望台は高さ250メートルからの眺望ということになっていますが、250という数字はあくまで海抜であって、地上からの高さは223.55メートルです。
 今、東京都内で一番高いビルは右奥に見えるミッドタウンタワーですが、それが248.1mですので、250メートルの展望台から見たら本当なら下に見えなくちゃいけないのに、実際はなぜかあちらの方が高いという摩訶不思議な状況になっています。

 まあ、細かいことはどうでもいいんです。東京の首都圏を一望できるという点では、東京タワーは抜群の位置にあります。高層ビル群をまじかに眺め、レインボーブリッジとお台場の風景もナイスなアングルで堪能できる。たぶん、この点はスカイツリーよりも東京タワーの方が今のところ上なのではないでしょうか。東京タワーの存在価値はスカイツリーの登場によっていささかも損なわれることはないのです。たぶん。

その4につづく

 

2012年4月16日 (月)

「かわすみひろし本舗」 東京タワーその2

 東京タワーの大展望台(公称150メートル)の高さから見た六本木方面です。

P1030987

 左手に六本木ヒルズの森ビル、右手に泉ガーデンタワーが見えます。
 さらに真ん中奥のほうに見えているのがミッドタウンタワー。高さ248.1mで都内最大の高層建築です。

 現代の東京を象徴する風景の一つだと思います。

 都市には顔に相当する「風景」があるものですが、東京の場合、それがどこの風景かというのは、結構難しい問題です。

 東京タワー
 銀座和光時計台
 浅草浅草寺の雷門
 皇居二重橋
 渋谷109前
 表参道ヒルズ
 お台場……

 あまりに広くてバラエティーに富んでいるので、どこか一つに絞りにくいという気がします。
 これが名古屋なら名古屋城か久屋大通のテレビ塔、名古屋駅前ターミナルといった所なのでしょうが。

 今、東京は都市としての新しい「顔」を作り出そうとしているのだと思います。来月に開業を控えた東京スカイツリーもそうですし、東京駅の復元工事もその一環でしょう。日本経済はずいぶんひどいことになって世の中暗い話題が多いですが、そういう鬱々とした時代だからこそ、首都東京を象徴する新しいモニュメントを作る作業は重要なのだと思います。

次、北東の方角。

P1030983

 手前のビルは愛宕グリーンヒルズ(MORIタワー)。でかいの二つでワンセットです。
 ウィキペディアを見てみたら、

「MORIタワー最上階付近からは東京タワー大展望台を見下ろすことが出来る。」

と書かれていました。

 ビルから見下ろされる展望台というのはなかなかせつないものがあります。

 でも大丈夫、東京タワーには100メートル上に特別展望台(公称250メートル)があります。次はそちらに行ってみましょう。

 その3に続く




「かわすみひろし本舗」 東京タワーその1

P1040123
 東京タワーに行ってきました。
 日曜日ということで大混雑を覚悟して行ったのですが、開館直後の9時過ぎだったせいか、まだ人は少なかったです。

 来月の22日には東京スカイツリーが開業します。東京タワー公称333メートルに対して、あちらはなんと634メートル。「ムサシ」と語呂合わせで倍近い数字を出してきました。そんなべらぼうなスカイツリーに登る前に、東京タワーに登ってその高さを体感しておきたい、スカイツリーに登ってしまったらその高さに素直に感動できなくなる、そんな危機感を持って、やってきたわけです。
P1030979_3  

 大展望台からの景色です。
 お金を入れると見れる双眼鏡が設置されているかと思ったのですが、とっくの昔に撤去されていました。みんなカメラ持ってるから、双眼鏡いらないっちゃいらないのか。
 大展望台は一階と二階があって、一階部分で150メートルの高さになるそうな。

自分は高いところは苦手ですし、高所恐怖症かもしれないなどとも思っていたのですが、この程度だとわりと平気ですね。

その2に続きます。

2012年4月11日 (水)

かわすみひろし本舗 本の整理!

 昨年、名古屋の実家が取り壊しになりまして、その時行き場を失った大量のマンガ本を東京の拙宅で引き取りました。漫画家という商売柄、「全部お前の本だろう!」と思われてしまいそうですが、八割以上は三歳下の弟が集めたものです。

 ラインナップは手塚治虫、楳図かずお、ちばてつや、松本零士、永井豪、白土三平、川崎のぼる、つげ義春(敬称略。以下も。)というそうそうたる面々で、兄の自分は十代の頃、弟の買い集めた豪華ラインナップを読むことで漫画の勉強をさせてもらったようなものです。ちなみに、自分が当時嬉々として買っていた漫画は、魔夜峰夫の「パタリロ」「ラシャーヌ」美内すずえ「ガラスの仮面」ゆうきまさみ「究極超人あーる」です。

 弟が「引き取りたいけど引き取れない」ということなので、仕事場に余裕のある自分が一時的に預かることになったのですが、このマンガ本、ダンボール箱で十箱以上ありまして、さすがにすぐ整頓することが出来ず、一年近く放置してありました。玄関を入るといきなりダンボールの壁という状況です。アシスタントの皆様には本当にご迷惑をおかけしました。

 そんなマンガ本ですが、幸か不幸かとても暇な時間が出来てしまったので、今整頓をしているところです。とりあえずランダムに放り込まれている本を作家別に分類、新しいダンボール箱に移しています。
 まあ、いきなり楳図かずおにひっかかって読みふけってしまうわけですけどね。

 楳図かずおはダンボール箱三つになりました。とりあえず写真をパチリ。

P1030951

 「わたしは真吾」「漂流教室」等、鉄板の傑作も多い大先生ですが、昭和の女の子たちを魅了した怪奇ものはやっぱりおもしろいです。こういった無数の作品が漫画界を支えていたのだと思います。ただ、今の子供たちはこういった方向にはお小遣いを使わなくなっているのかな。昔は女の子の家に行くと怪奇漫画が必ず置いてあるイメージだったけど。

 電子書籍が普及するようになると、本はすべてデータ化されて、とても便利になります。極端な話、すべての本を巨大なサーバーに保管して、それにアクセス出来れば漫画をはじめあらゆる本を読むことが出来ます。一冊一冊を自分が所有するという発想がすでに古いのかもしれない。でも、本棚がその人間の個性を現すものだとしたら、それが「閲覧履歴」なとという味気ないものになってしまうのは、なんかさみしいです。

 まあ、そう言いつつ、この大量の本がハードディスクに入ってくれたら楽なのにな、とも考えますが。

 自分が小学一年生の時、何を思ったか父親が漫画をワンセット買ってプレゼントしてくれたことがありました。それが、本当になんでやねんて感じなのですが、山上たつひこの「がきデカ」でした。父親は早くに死んでしまったので、その真意を問いただすこともできないのですが、これは親が子供に与える漫画としてはかなり過激だと思います。たぶん、本屋で「今何が流行ってるの?」と聞いておすすめの漫画を言われるままに買ってきたのでしょう。病的に潔癖な人だったのでそれ以外考えられない。

 ところが小学一年生の自分はこれがとても気に入りまして、木製の専用ケースを作り、その表にこまわり君の絵を描いて愛蔵しておりました。

 本を所有することは人間にとってとてもエキサイティングな体験です。本を持つことが人間の本能を激しく満足させるのです。そうであるならば、データの所有にこれと同等の感激を持たせることが出来るのか、データは人間の物欲を満足させられるのか、そこに何か鍵があるような気もするのですが、まあ、無いかもしれませんね。(投げるなよ)

2012年4月 9日 (月)

「お江戸幕末美味処」 かわすみひろし 再録します。 「風より疾く」2巻も発売中!

過去作ですが、元祖寿司職人「華屋与兵衛」と謎の女の子の活躍を描いた「お江戸幕末美味処」がコンビニ本で再録されてます。

実業之日本社刊 「極上!美味コミ 春グルメ編」


画像



以下紹介文
………………………………
酒の達人・ラズウェル細木が、庶民派中華料理の代表・餃子の今を探るため、なぜか恵比寿で食べ歩くコラム『餃子双紙』が33P。『深夜食堂』の安倍夜郎 が、出身地・高知の食の思い出を語る好評エッセイ『マイ・フレンド 酒の友・めしの友』は第5弾。そして人気ショート『ホロ酔い酒房』(長尾朋寿+野上ヒ ロノブ)が描き下ろし新作含めて74P、銀座を舞台にした本格和食ドラマ『蒼太の包丁』(本庄敬+末田雄一郎)が、大ボリューム114Pと、読み応え満 点。さらに、男性も気になるダイエットに役立つレシピを掲載した『おつまみの達人』(中川のぞむ+瀬尾幸子)、『秘密のダイエット』(飯島凪)も注目!

その他、江戸の寿司職人が主人公の『お江戸幕末美味処』(かわすみひろし)、富山・三重県のB級ご当地グルメ食べまくりルポや、実話に基づく泣ける食コ ミック『感涙食堂』(吉開寛二)、1食100円以下の料理にこだわった『貧民の食卓』(おおつぼマキ)など、『美味コミ』は早くも満開です!
………………………………

お目につきましたら是非手に取ってみてくださいませ。    

トップページ | 2012年5月 »