無料ブログはココログ

amazon

  • PCソフト
  • DVDベストセラー
  • ベストセラー
  • ウィジェット

« 東京スカイツリー その3 | トップページ | 東京スカイツリー その5 »

2012年5月24日 (木)

東京スカイツリー その4

とうとう、東京スカイツリーが開業しました。

当日、5月22日はあいにくの空模様で、上空は風が吹きまくり、
天望デッキから天望回廊へのエレベーターが停止してしまうアクシデントがありました。
これについてはいろいろ考えることがあって、
初日だからしょうがないだろうとか、天候が悪かったんだから仕方ないとか、
今後改善していけばいい話だろうとか、とにかく、
自分が編集者に言ったら「甘いよ」と切り捨てにされる言い訳が
どうしても頭に登ってしまう。自分もまだまだ青い青い。

もし、ベストを尽くした上でのトラブルなら、
改善の上、さらなる安全を追及してもらいたいですし、
どこか心に隙があってのミスだとしたら、
対策を万全にしていただきたいなと思います。
実績だけで評価されるのが世の中です。
自分が言うと、皮相なギャグにしかならないのだけど、
本当に、世の中は失敗については辛辣で厳しい。

(追記:強風による予防措置だったそうです。それでも当日のお客さんは不運だった。)

さて、4月に行われたプレス向け内覧会を紹介するこの記事なのですが、
今回は天望デッキからの風景その2です。

P1040196_2

スカイツリーから南側を望みます。、両国、お台場方面ですね。

まず、画面の左側に流れているのが隅田川。

手前に見える橋は蔵前橋。
その橋から左側が墨田区の本所横網になります。
このあたりには江戸時代に幕府の米蔵があったそうで、
天領から集められた米がここに蓄えられていました。
蔵の前だから「蔵前橋」です。
この画面の右から左まで蔵前橋通りが走り、
さらに遠く江戸川の手前で千葉街道に達します。(もちろん、見えない)
昔、江戸川区の小岩に住んでいたころ、
ここをトコトコ歩いて両国から神田方面を散策していました。

そんな散策中にいきなり変な建物が現れてびっくりしたことがあります。
空一面に巨大な白い「下駄」が浮かんでいたのです。
なんじゃこりゃ、宗教関係の施設か?と思ったのですが、
それが開業前の「江戸東京博物館」でした。

300pxedotokyo_museum

(以下、建物はウイキペディア画像)

茶色いホテルのl向こう側にある白い変な建物です。

このホテルは自分が見たときにはまだ存在しなかったので、
もうあの景色は見られないのでしょうね。

この「第一ホテル両国」は宿泊しながらスカイツリーが見られる絶景ポイントの一つ
だそうです。

その隣にドコモのビルがあって、その下に緑の屋根の両国国技館が見えます。

300pxryogoku_great_sumo_hall

日本の国技、大相撲の殿堂です。
どうでもいい話ですが、
あのあたりに「横網」という地名があって、自分は最近までずっと
「横綱」だと信じていました。「よこづな」ではなく、「よこあみ」です。
まぎらわしい。

国技館の近くには忠臣蔵で有名な吉良上野介の屋敷跡があったはずです。
部分的にですがそれっぽい壁の敷地が残っています。
そのせいか、両国橋から蔵前橋にかけての隅田川の堤防は蔵っぽい装飾がされています。
海鼠塀とかいうやつ。忠臣蔵とひっかけたのかな。

それと、この内覧会でははっきり見えなかったのですが、
両国国技館の上のあたりに東京タワーが見えるそうです。
一緒に見学していた編集の方は「見えた!」
と言っておりました。
確かに針のようなものは確認できるのですが。

さらに隅田川を下っていきますと、
新大橋(見えない)
清洲橋(山が二つ)
永代橋、(見事なアーチ型)
と続いて、月島の方に抜けます。
あの「もんじゃ焼き」で名高い月島です。

P1040195

あの島の果てに晴海ふ頭があって、その向こうにレインボーブリッジがあるはずなんだけど、
かすみだらけでよくわかりません。たぶん、見えるはずです。

晴海と言えばコミケ。大昔はそうでした。
デビュー前にアシスタント先の先生のお手伝いで晴海まで行って、
帰りにもんじゃ焼きをごちそうになったのを覚えています。
ウケをねらってフルーツもんじゃを頼んで撃沈。

その島の左の方がお台場になります。
ビッグサイトは蒸し暑かった。

P1040187

さらに目を左に転じ、スカイツリーの東南の方角です。

右の目につくビルのあたりが錦糸町。
夜の街、大人の街、錦糸町です。

この写真では確認が難しいかもしれませんが、
右端中央から左の上にかけて総武線が走っています。
そして、右の端が錦糸町駅です。

昔、錦糸町でバイトしていたことがあって、
そのころこの駅を利用していました。
当時の自分はビッグコミックを買っていまして、
その週発売のゴルゴ13でデューク東郷が錦糸町駅で乗り換えをしたのが
めちゃくちゃうれしかったのを覚えています。
架空の人物ですけどね。

手前の大きなビル二つ(オリナスタワーだそうです。)の下にわずかに見える緑地が
錦糸公園。
結構広い公園だと思っていたのに、なんか小さいです。
実際は噴水もあったはずだし、端から端まで歩くと
結構な運動になったはずです。
その奥の緑地は「猿江恩賜公園」です。
スカイツリーに登った時はこっちを錦糸公園と勘違いしました。

P1040187_2

上の写真の左隅を拡大。
緑地が2つ見えますが、右が有名な亀戸天神、左は光明寺です。
こちらも紛らわしいです。自分が無知なだけですが。

300px_

亀戸天神は歴史のある天神様で、藤の花が見事なことで有名です。
そうは言っても、どうせ大したことないだろうと思っていたのですが、
実際に行ってみたら本当に見渡す限り藤棚で、藤色の花がどこまでも
続いて壮観でした。見ごろは4月末から5月初旬まで。

奥に見えているのは荒川で、東京湾に流れ込んでいます。

この東南の方角は目につく建物が限られているので、
土地勘のない方には面白味が少なく感じるかもしれません。
でも、目を凝らしてみると、いろいろ楽しめるポイントが見つかります。

スカイツリーの北側については、
自分が語るには情報が少ないので写真だけアップです。

P1040203

次は天望回廊に登ります。

続く!

« 東京スカイツリー その3 | トップページ | 東京スカイツリー その5 »

東京タワーとスカイツリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1669327/45394035

この記事へのトラックバック一覧です: 東京スカイツリー その4:

« 東京スカイツリー その3 | トップページ | 東京スカイツリー その5 »