無料ブログはココログ

amazon

  • PCソフト
  • DVDベストセラー
  • ベストセラー
  • ウィジェット

« 「天皇の料理番」 その1 | トップページ | 「天皇の料理番」 その3 »

2012年6月25日 (月)

「天皇の料理番」 その2

「天皇の料理番」こと秋山篤蔵(堺正章)の物語。

今回はその2回目です。

明治時代も終わりの頃、ようやく日露戦争もひと段落した時代、
秋山篤蔵は単身、帝都東京へやってきます。

その篤蔵がドラマの中で最初に修業を始めたのが、「華族会館」です。

華族会館というのは耳慣れない名前ですが、その建物の以前の名前は
日本人なら誰でも知っています。

明治政府が外国との不平等条約撤回のために作り出した社交場、
「鹿鳴館」です。

Rokumeikan

この鹿鳴館が明治16年から7年ほどでその役割を終え、
宮内省に払い下げられて、華族のための社交の場としてリニューアルしたのが
華族会館です。

場所は日比谷公園の前、現在の帝国ホテルの隣のあたりだそうです。

ここには鹿鳴館の時代から専属の料理人がしっかりおりまして、
出されていた料理は当時の日本人が作ったとは思えないほど高いレベルだったとか。

なにしろ華族階級もありましたし、財閥のパトロンもおりました。
そういう人たちが江戸時代からの伝統そのままに料理人に出資し、育てたのですから、
日本における西洋料理の発達はかなり早かったと思われます。

日本の西洋料理の始まりをどこから語り出すかは、なかなか難しい問題なのですが、
まず、東京の「築地精養軒」、神戸の「オリエンタルホテル」が
本格西洋料理のルーツと言っていいでしょう。
二店とも明治の改元早々に外人シェフを迎えてオープンしており、
この二つの店で学んだ日本の料理人がその後の西洋料理の主流となっていくようです。

築地精養軒の初代シェフはスイス人のカール・ヘス(チャルヘス)です。
このカール・ヘスの弟子に西尾益吉という人がおり、のちにフランスへ留学して
フランス料理の最高峰「ホテルリッツ」でかのエスコフィエから料理を学んでいます。
これは明治中期の日本人シェフとしては破格のキャリアです。

帰国後、西尾益吉は築地精養軒の四代目シェフとなりますが、
その精養軒時代の弟子が「天皇の料理番」秋山篤蔵です。

ここでドラマをご存知の方は「あ!」と思われるでしょうが、
ドラマの中で華族会館の料理長を務め、のち築地精養軒のグランシェフになった
財津一郎演ずる宇佐美シェフは、この西尾益吉をモデルにしていると思われます。

前回、日本橋の魚市場でギャングの親分みたいな風体として紹介したあの人物です。

0

華族会館で出される料理のメニューはすべて宇佐美シェフが考え、
フランス語で献立を書き、厨房の料理人たちの前でフランス語で読み上げます。
テレビのコメディアンとして有名な財津一郎さんですが、
その頑固な料理人の演技はなかなかの絶品。
洋行帰りの高貴なにおいを漂わせつつ、明治男の頑固さも感じさせます。

史実の秋山篤蔵は、西尾益吉シェフが横文字でメニューを書く姿に憧れて、
洋行を決意したそうですが、ドラマの中の堺正章演じる秋山篤蔵も、
宇佐美シェフが横文字で書き綴ったレシピノートに強烈に憧れます。

でも宇佐美シェフは怖い人です。ドラマの中の篤蔵はまだ20歳前といったところなので、
父親くらい年齢の違う宇佐美シェフが怖くて仕方がない。
大切なノートを見せてくださいとはとても言い出せません。
実際、明石家さんま演じる辰吉は、トイレに行くたび手を洗わないというので
宇佐美シェフから繰り返し、殴る蹴るの暴行を受けています。
「お前はこの華族会館から食中毒を出したいのか!」

……しかし料理への一方ならぬ情熱を持つ秋山篤蔵は
夜中に紙と鉛筆と蝋燭を持って、料理長室に忍び込みます。
そして、手習い程度のフランス語の知識でそれを書き写そうとする。
作業に没頭する篤蔵は、そのまま朝を迎えて、ついつい居眠りをしてしまう。

はっと目覚める篤蔵、いかんいかん、わし寝てしもうた。
……よだれをふきながらふと横を見ると、
そこには口をへの字にした宇佐美シェフが椅子に座ってふんぞり返っている。

殴られる!そう思ってひたすら頭を下げ、震える声で謝罪する篤蔵ですが、
宇佐美シェフは椅子の上で彫像のように腕を組んだまま、動きません。

「わし、親方のノート、どんな風に作っているのか知りたかったんです。
一度でいいから見てみたかったんです。
わしがこんなことゆうたら生意気かもしれんけど、
わしにはその方法しかなかったんです。」

宇佐美シェフが重い声で篤蔵に語りかけます。

「篤蔵、そこにあるノートはな、
俺がコックになってから今日まで
この目で、この体で
直接料理というものを扱ってきたことについて
丹念に書き記してあるのだ。
いうなればあのノートは俺の血と汗の結果だ。
だからあのノートはなあ、篤蔵、
この俺にとっては財産だ。
だが俺以外の他人にとっては決してそうじゃない。

他人のノートをいくら覗き見しても、自分の財産にはならんということだ。
それが今すぐ役に立つと思っていたら、
それは逆にかえって遠回りなんだよ。
他人の褌でいくら相撲を取っても、何の役に立つか。
そんなことよりも自分の腕を磨け、腕を。
少しでも上手に野菜が刻めるようになれ。
少しでも上手にいもの皮が剥けるようになれ。
ひとつひとつを地道に進むことの方がどれだけ大事か。
そうすれば俺が書いたノートみたいなものは、
おまえが自分で作れるようになる。
自分の財産は自分で作るしかないんだ。」

……宇佐美シェフはそう言って
今回だけは篤蔵を見逃します。
篤蔵はノートを宇佐美シェフの前に丁寧に返し、その場を立ち去ります。

篤蔵のやったことは決して許されないことです。
いってみれば産業スパイみたいなもので、その場で半殺しにされたっておかしくない。

ならば、どうして宇佐美シェフは篤蔵を見逃したのでしょう。

この何年かのち、ドラマの中で洋行から帰ってきた篤蔵が、
築地精養軒で宇佐美シェフの代理を務め、日英の晩餐会を仕切るのですが、
その時、篤蔵は宇佐美シェフのそれまでのやり方を改め、
自分の考える最高のメニューで献立を組みます。
それを後になって知った宇佐美シェフは、病身をおして精養軒を訪れ、
苦々しい表情でこう言います。

「お前ならそうすると思った。だからお前にまかせたのだ。」

自分のそれまでのやり方をただ繰り返すような料理人には仕切りを任せられない。
マニュアルを破り捨てる気概のある料理人にのみ、一流の名が与えられる。
宇佐美シェフは、篤蔵にはそれが出来ると、あのノートを盗み写しした事件のとき、
考えたのかもしれません。
……こいつはただずるい気持ちでレシピを盗み見たのではない、
早く俺のような料理人になりたい、大きくなりたいとあがいているのだ、と。

古き良き明治の職人魂ここにあり。
しかしそれにしても、こいつ、完全に俺のメニューを書き換えやがった……
悔しさに顔をしかめる財津一郎の演技が、自分は身に染みます。

« 「天皇の料理番」 その1 | トップページ | 「天皇の料理番」 その3 »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1669327/45856495

この記事へのトラックバック一覧です: 「天皇の料理番」 その2:

« 「天皇の料理番」 その1 | トップページ | 「天皇の料理番」 その3 »