無料ブログはココログ

amazon

  • PCソフト
  • DVDベストセラー
  • ベストセラー
  • ウィジェット

« 絵の具 | トップページ | 夏の風物詩 »

2012年7月13日 (金)

怪談

漫画家にとって恐ろしいもの、それは

「トレース」

写真をコピーして上に原稿用紙を重ね、下から光を当てながら写真を写し取る。
すると、なんやしらんすごい上手な絵が描ける。
アスリートにおける薬物使用、
会社における粉飾決済、
女性におけるコテコテの厚化粧、
それがトレース。

青年誌の作家さんでアシスタントさんと公園でひたすら格闘シーンを演じ、
撮影した写真をトレースしてリアルな格闘シーンを描く人がいる。
これは「良い漫画家さん」。

グラビア雑誌でカッコいい写真があったので、
それをトレースして顔だけ自分のキャラクターに置き換える。
これは「悪い漫画家さん」。

自分のところにいるアシスタントさんで料理の絵がすごく上手い人がいるけど、
この方はトレースがあまり好きではないので、料理関係のトレースはまずない。
こちらがチャラチャラと描いたアタリに丁寧に料理の絵をいれてくれる。
あんまり丁寧すぎて同業の先生から「あれ、トレースですか」とその本人が聞かれたそうだ。それくらいよく出来てる。

逆に、トレースが得意なアシスタントさんも多い。そういう人に
「このファントムをフリーハンドでよろしく」とかお願いするとチョロQファントムになったりする。
「ダメじゃん」とかクレームを入れると、
「アタリ通りに描きました。アタリの段階でデッサン狂ってたんじゃないですか」
とか言われて泣く。アタリをトレースするんじゃねえ。

泣きたくないからそのアシスタントさんにはトレースで背景をお願いした方が楽だ、という考えになる。
それで外出するときはカメラを持ち歩いてパシャパシャ写真を撮る怪しいお兄さんになる。
あとで現像すると、写真の中のお姉さんがスゲー怖い目で睨んでたりする。ごめんなさい、後ろの新宿の街を撮ってたんです。
先日も新橋でパシャパシャやってたら横で男女二人連れが撮影が終わるの待ってた。ひたすら頭を下げて謝罪する。

漫画家だってそこそこキャリアがあればトレースが危険なものだってことくらいわかってる。
ネット上の画像を使ってトレースをしたために、検証ページで元画像あげてさらし者にされた漫画家さんがいた。
泣く。すごく泣く。その漫画家さんの気持ちがわかるからすごく泣く。

「著作権を侵害したんだから当然の報い」なんだけどさ。

ずいぶん昔の話になる。
漫画の中で墓場のシーンを描くことになって、担当さんに相談したところ、
「印象的なシーンだから最高にいい絵を入れましょう」
ということになって、その熱血編集者の方が写真を撮ってきてくださることになった。

今思えば、なぜその時に「危険だ」と気づかなかったのだろう。
あんなことになる前に、僕は悲劇を回避することが出来たのだ。

写真屋でもらえる小さいアルバムにお墓の写真がいっぱい入っていた。
「これでいけますか。」
「もちろんです。助かります。うちにトレースが得意なアシスタントさんがいるので彼にやってもらいましょう。」
担当さんに感謝しながらその写真をアシさんに渡す。
「この字とこの字を組み合わせて、家之墓、とくるわけです。」
そのアシさんはいつもどおり、手早くその写真をトレースし始めた。

背景は最高に素晴らしいものが入った。
「いいね。リアルだし雰囲気がよく出てるよ。」
まるで自分が本当にそこにいるかのような背景だった。
そりゃそうだよ、本物の墓場の写真を使ってるんだもん。
本物のお墓で、墓石の下には本当に死者の魂が眠っているんだもん。

……

そのアシスタントさんが苦しみだしたのはその直後からだった。

「いててててててててててててててててててててててててててててててててえ!」

お腹を押さえて苦しみに耐えるアシスタントS。
「救急車を呼べ!」
錯乱する漫画家K。

彼が病院へと去ったあと、机の上に盛り塩をして、
写真はお寺の方で供養していただきました。

彼は幸い、数日で仕事場に復帰できた。
本当に、なぜ自分はその危険性に気付かなかったのだろう。
魔が差したとしか思えない。

墓石にも著作権はある。その魂という名の著作権を侵害した者には
おそろしい祟りがふりかかるのだ。


写真のコーナー

新橋に行ったとき近くで鳥取の物産展をやっていました。
鳥取と言えば漫画家の水木しげる先生。ゲゲゲの鬼太郎のグッズはガチで定番。
なんか買っていこうと思い、あごの竹輪やらなんやらと一緒にこれも購入。

Image0491

鬼太郎も目玉の親父もあったのに、猫娘汁を手に取ってしまった。。

猫娘汁の味はオレンジジュースだそうです。heart01

« 絵の具 | トップページ | 夏の風物詩 »

思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1669327/46311948

この記事へのトラックバック一覧です: 怪談:

« 絵の具 | トップページ | 夏の風物詩 »