無料ブログはココログ

amazon

  • PCソフト
  • DVDベストセラー
  • ベストセラー
  • ウィジェット

« 夏目×ホームズ その2 | トップページ | 待ち合わせ »

2012年8月27日 (月)

取材写真

昔、「裁判員の女神」という作品の作画をさせていただいたことがあります。

担当編集の方がとてもやる気のある方だったので、
連載前にずいぶんと取材をさせていただきました。
東京地裁には法廷の写真撮影と傍聴で何度か行きましたし、
八王子で裁判員制度の体験講座があったときは、
本物の裁判官を交えて一般参加で審議を体験しました。

あれは本当にいい取材だったと思います。感謝してます。

それで、法律的なことは自分には語る資格がないので、
写真撮影についてちょこっとお話してみようかと思います。

●法廷

P1020296

裁判員制度施行前に東京地裁を取材させていただきました。
法廷の取材と、傍聴をいくつか。
とても勉強になりました。
ただ、傍聴の撮影はできませんので、
机の様子や守衛の服装などはスケッチです。カメラのありがたさが身に染みました。

東京地方裁判所は敷地内での撮影が厳禁です。
これは本当に徹底していまして、
正面の門から一歩入ったところでこっそりカメラを取り出しただけで
守衛さんがすっ飛んできました。

P1020147

建物の入り口は空港の金属探知機みたいなものがあって、
カメラが確認されると「撮影は不可です」と釘を刺されます。

法廷の撮影は特別に許可をいただいて、プレスの腕章をいただきました。
これがついてれば何を撮っても大丈夫だろうなんて考えてパシャパシャやってたら、
「書類上は法廷のみ取材を許すことになっていますので」と
すごい勢いで制止されました。
法廷の入り口の扉ですら不許可でした。まあ、撮影した後だったんですけどね。

このようなわけで、作品の中で使われている法廷の背景は
基本的にこの時撮影させていただいたものをトレースしています。
けっこう細部までリアルに描けてると思います。

●舞台

主人公が裁判官として赴任してきた海鳴市は原作の毛利さんの命名ですが、
原作を読んだ時から「魔法少女リリカルなのは」の舞台と同じかなって、
スタッフの間で言われてました。

海鳴市ですから、海辺の町です。

毛利さん曰く、およそ人口二十万くらいの小さな町とのことで、
いくつか候補を絞ったところ、自分の出した熊野市案が採用されました。

親戚がいるから取材しやすいってだけなんですけどね。
P1020514

実際に取材に行って現地の親戚に「人口二十万くらいいますか」と聞いたら
「二万人しかいねーよ」と笑われました。

とても小さな町で、カメラを構えて歩いているとなかなか風情が感じられました。
町の全景や海辺の風景、細かい街並みなんかはここの写真を使っています。

P1020642

P1020700

P1020671

あと、海鳴裁判所職員の熊野ちゃんの苗字は
たぶんこの町の名前から毛利さんがつけてくださったのだろうと思います。

●裁判所

裁判所の外観がけっこう難しかった。
東京地裁でも守衛さんにマークされまくってまったく撮影できなかったので、
事情は地方の裁判所でも同じかなと思ったのです。
どうしたもんかなと日本地図を見ながら頭を抱えました。

八王子の裁判所が移転前で、それを使おうかとも思ったのですが、
なんか、申し上げにくいのだけど、まるで絵にならなかった。

人口二十万都市の裁判所で、絵になる外観で、写真を撮っても怒られない
……結局、盛岡の裁判所を撮影することにしました。

当時、たまたま岩手県の盛岡に友達がいまして、
すごくいい人なのですが、数年ぶりで顔を合わせに行ったとき、
ホテルを盛岡の裁判所の近くにとりました。
盛岡は五十万人都市ですが、まあ、二十万も五十万もたいして変わらんでしょう。

いざとなったら不法侵入もありかなと悪辣なことも考えながら現地にむかったのですが、
意外にもここの裁判所は建物の撮影がフリーでした。
なんか普通に人が入って庭を見学している。

実はこの裁判所、有名な「石割桜」があるのです。

P1020479

浅田次郎の「壬生義士伝」の中で
盛岡藩出身の新撰組隊士、吉村貫一郎がこの桜について語るくだりがあります。
確か、盛岡の桜は岩を割って咲く、でしたか。
その桜がこの裁判所の中にあるために、絶好の観光スポットになっていまして、
それで敷地内でも撮影が出来たみたいです。

(訂正です。南部脱藩で南部の桜は岩ば割って咲く、でした。)

現地に行くまで知らなかったので、本当にたまたまなんですけどね。

P1020474

カメラのバッテリーが切れてしまったので、
友達と会ってる間は携帯で写真を撮るしかなかったです。
せっかくいろいろ案内してもらったのに残念でした。

V6010004

盛岡城址。
盛岡の人は信号をとても几帳面に守る、みたいな話をしながら
この辺りを歩いてた記憶があります。

以上です。
「裁判員の女神」をお持ちの方はもう一度読み返していただけると、
ああ、なるほどとご納得いただけるのではないかと思います。

« 夏目×ホームズ その2 | トップページ | 待ち合わせ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

取材で全国を回れるのは楽しそうですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1669327/46837279

この記事へのトラックバック一覧です: 取材写真:

« 夏目×ホームズ その2 | トップページ | 待ち合わせ »