無料ブログはココログ

amazon

  • PCソフト
  • DVDベストセラー
  • ベストセラー
  • ウィジェット

« 傷だらけのハリー | トップページ | お札の話 »

2012年9月24日 (月)

中国の色鉛筆

今はもうなくなってしまったけれど、実家の隣が中国物産店だった。

小学生くらいの自分は好奇心が旺盛だったので、
ちょこちょこ店の中に入っていっては陳列されているものをながめていた。
経営していたのは熟年の夫婦で、おばさんが店番をしていることが多かった。
旦那さんの姿はほとんど見かけなかったけれど、
中国のほうで仕入れの仕事をしていたのかもしれない。

売られている商品で印象深いのはパンダの剥製。
牙を剥いてガラスの目をぎらぎらに光らせていた。
頭は立体だったが、体は敷物になっていて、ぺちゃんこだった。
子供心にもこれは偽物だろうと思っていたのだけれど、
ワシントン条約を日本が批准する前のことなので、どうだかわからない。
象牙とか鼈甲が当たり前のように生活に溶け込んでいた時代の話だ。

その店では他に、民族衣装を着た人形とか、虫のような形の凧とか、
ランプ、ハチミツ、家具、茶葉など、
素材から何から日本風でないものがゴロゴロと陳列されていた。
中国の凧は針金で店先に吊るされていて、ムカデのように赤いひもをひらひらさせていた。

自分の一番下の弟はこの店のおばさんにずいぶんかわいがられていて、
指ぱっちんを教えてもらったと、今でも懐かしそうに話している。
自分も中国製の色鉛筆をいただいて、それをずいぶん長いこと使っていた。
ものは粗悪で丁寧に削らないとすぐ芯が崩れるのだけど、
色が独特なので原色ばかりの日本の色鉛筆より面白みがあった。
今でも三本だけ残ってる。

おばさんは店で白い大きな犬を飼っていて、売り場の奥でその犬と遊んでいた。
その奥の部屋には大きな写真が額装で飾られていて、
おばさん夫婦と、なぜか俳優の岡田真澄さんが写っていた。
言うまでもなくファンファン大佐のことである。

写真は自分の家の前で撮られていて、自分ちの前に岡田真澄がいるというのは
なかなかシュールな感じがした。
お客でいらしたそうだが、写真の中の岡田真澄はご夫婦よりも一回り大きく、
夫婦がひどくこじんまりして見えた。

自分が高校に入るころにはその店は無くなってしまった。
今は建物も取りこわされてどこかの個人事務所になっている。

ご夫婦はその後、少し離れたところで悠々自適の生活を送られていたけれど、
いつだか、旦那さんが交通事故でお亡くなりになって、
おばさんもそれからすぐに亡くなったと聞いた。

この齢になると子供の頃のことがまるで夢か何かのようで、
中国物産店のパンダや人形のことも幻のように思えるのだけど、
画材道具の箱を開けると、あの中国製の色鉛筆がまだ残っているので、
やっぱり夢じゃなかったんだなとぼんやり考えるのである。

Image0561

兵馬俑の縮小レプリカ。
いつだか都内の博物館で展示会があってそこで購入。
兵馬俑は一つとして同じものがなく、
その一人一人にモデルがいると推測されているけど、
古代中国にこの顔の人がいたのかと思うと、なかなかロマンな感じがする。

« 傷だらけのハリー | トップページ | お札の話 »

思い出Ⅱ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1669327/47193091

この記事へのトラックバック一覧です: 中国の色鉛筆:

« 傷だらけのハリー | トップページ | お札の話 »