無料ブログはココログ

amazon

  • PCソフト
  • DVDベストセラー
  • ベストセラー
  • ウィジェット

« 古い記憶 | トップページ | 掲載告知~中島敦の「名人伝」~ »

2012年11月 8日 (木)

サーキットは狼

実家はもう引っ越してしまったので、場所を特定されても大丈夫だと思うのだけど、
名古屋に覚王山という山があって、まあ、昔は山だったのだと思うのだけど、
ここに日泰寺が作られ、門前町が生まれ、「鬼まんじゅう」で有名な店があったりする。

日泰寺は日本とタイの友好を記念して作られたお寺だったと思う。
歴史は割と若い。タイのお寺からお釈迦様の骨を分けてもらって、
それを仏舎利の塔に収めている。
毎月21日になると「弘法さん」があって、出店が出たりする。
たぶん、弘法大師ゆかりの全国のお寺がみんなそうだと思うので、ああ、なるほどと
思う方もおられるだろう。

そのお寺の後ろに山があって、それが覚王山だと思うのだけど、
てっぺんまで住宅が分譲され、きつい坂道よりほかには山の痕跡はない。
そのてっぺんに昔は「姫ヶ池」という池があって、亀やら鮒が泳いでいたのだけど、
今は埋め立てられて駐車場になっている。
バス停にかろうじて名前が残っている。いちおう、お姫様が身投げしたとかいう
伝説があったと思うが、あんまりきれいな池とも思えなかったので、
酔狂なお姫様だと子供心にも思っていた。

この姫ヶ池の脇には浄水場の貯水槽が埋められていて、広大なグランドになっている。
この貯水槽から水道塔にポンプで水をくみ上げて、
落下させて名古屋に水を送り込んでいた。もちろん、大昔の話だけど。
まあ、それくらい高い場所なのである。

高いと言っても普通に道路が通っている。
覚王山を南から登って、てっぺんで水道塔に水を送る水道橋をくぐり、
そこから北へまっすぐに坂道を下っていくと、麓のあたりで自分の実家となる。

高校時代に友達がバイクの免許をとって、
家に来るときそこを通るのだが、「サーキットみたいでカッコいい」と言っていた。
適当にカーブもあり、てっぺんから麓までは信号もないので、
走り下りるときには少しテンションが上がるらしい。
そのせいか、ここは昔、暴走族の通り道になっていて、
「バラヒリャパラヒリャ」
と変なクラクションを鳴らしながら集団で駆け抜けていったものだ。
そのあとに
「ウーウー止まりなさい、ウーウー止まりなさい」
というパトカーのおまけまでついてきた。
おかげで自分は多少うるさくても眠れる体になった。逆に静かすぎると眠れないくらいだ。

さて、この麓には昔、煙草屋さんがあった。
お菓子も売っていたし、インベーダーゲームがはやったときは
テーブルタイプのゲームが置かれていた。
パンツのゴムひもからセメダインや洗濯糊も売っていたので、
雑貨屋というのが正しいのかもしれない。
自分は煙草屋と呼んでいたし、お店のおばちゃんは
「煙草屋のおばちゃん」だった。

この店がこの「サーキット」の一番の被害者になっていた。

自分が子供の頃、明け方に急ブレーキの音とドッカーンという衝突音で目が覚めることが
何度かあった。
それでパジャマのまま飛び出して見に行くと、
トラックが煙草屋のシャッターを破って店を破壊しているのである。

言わゆる「魔の時間」というやつで、
明け方、長距離トラックの運転中に例の長い坂道を下っていると、
うつらうつらと意識が遠のいてしまうらしい、
それで、麓の信号のあたりで「はっ」と我に返る。
目覚めたときには手遅れで、信号脇の煙草屋に突っ込んでいくものらしい。

自分が覚えているだけで四回くらいあったと思う。

信号機に衝突してめり込んでいるのを学校に行く前に見た記憶もある。
おばちゃん、今日は助かったな、と素朴な感慨を抱いた。
でもそのうち、家ごと破壊されるのじゃないかとちょっと心配した。

自分は仮面ライダースナックをカード目当てで買っていたので、
この店が無くなるのはとても困ると考えていた。
浅はかな子供である。

この店は間もなく鉄筋コンクリートのビルになり、
一階のテナントにはコンビニエンスストアーが入った。
確か、コンビニになってからもトラックが突っ込んだという話を聞いたような気がする。
自分が東京に行ってからのことなので詳しくは知らない。
なんというか、呪われた場所なのだろう。

煙草屋のおばちゃんはその後大往生を遂げ、
ビルももう壊されたと思う。

このサーキットの道をさらに北へ向かうと上野天満宮がある。
子供の頃はこのお宮で庭になっていたイチジクを友達と盗んで食べたりした。
かなり罰当たりである。
先日雑誌を読んでいたらここの宮司が外人さんになっていてびっくりした。
友達がここに地鎮祭をしてもらったと聞いたので、その話題をぶつけてみたのだけど
「知らん」と言われた。
でもたぶん、外人さんが菅原道真公を祀っているはずである。

以上、とりとめもない話なのだけど、ひとまず。
今月はまた漫画サンデーに短編が載ります。
漫画サンデーって漫画誌としては老舗なんですけど、
このまま漫画のある限り、いついつまでも続いて行って欲しいと、僕は心から思いますよ。
本当。
P1030390
ミクラス!
なんかハワイとかバリあたりで民芸品として売ってそうなデザイン。

« 古い記憶 | トップページ | 掲載告知~中島敦の「名人伝」~ »

思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1669327/47763111

この記事へのトラックバック一覧です: サーキットは狼:

« 古い記憶 | トップページ | 掲載告知~中島敦の「名人伝」~ »