無料ブログはココログ

amazon

  • PCソフト
  • DVDベストセラー
  • ベストセラー
  • ウィジェット

« 若者と対峙できる大人がいないと音楽は生まれんのかもね | トップページ | 2013年正月に思うところ »

2012年12月23日 (日)

大河ドラマ

今年の大河ドラマは史上ワーストの視聴率を記録したそうで、
自分も「平清盛」という人物には興味があったので、何回かは見ているけれど、
すべてを視聴しているわけではないのでコメントは出来ない。
ただ、事実として数字が悪かったらしい。

平清盛というと、何年か前に渡哲也が「義経」で演じていて、とてもダンディだった。
この時は悪役というよりは父なき義経(タッキー)の精神的父親という役どころで、
ある意味斬新すぎるものだったが、それを違和感なく演じていたと思う。

歴史上有名な人物が輩出する鎌倉前後の日本中世だが、
テレビで映像化して成功させるのは案外に難しい。
大河などでは戦国時代が鉄板で、高視聴率はたいていこの時代を舞台にしたものに多い。
逆に、幕末などは、案外視聴率を取るのが難しいといわれるが、
それでも龍馬や篤姫などというヒット作はある。
鎌倉前後は、それよりも下であろう。

しかし、「平清盛」が失敗だったとしても、
この時代の日本史がつまらない、ということは断じてないのである。

なにしろ平安末期から鎌倉時代というのは陰謀と謀略の嵐で、
調べるほどに面白いキャラクターがいっぱい出てくる。
清盛や義経などは、単純すぎて面白くないと思わせるくらい、
魅力的な悪人たちが跳躍跋扈していた。

ただ、そういうものは明快なヒーローを主役にするテレビドラマには向かないし、
視聴率などは稼げそうにない。面白いのだけど、マニアックすぎるのだ。

けれど、この時代を取り上げて成功している大河ドラマがある。
それが「草燃える」である。

原作は永井路子さんで、司馬遼太郎が幕末明治の歴史小説の大家であるのと同じ意味で、
鎌倉時代を中心とした日本中世の歴史小説の大家だと自分は思う。

永井さんの歴史観、「永井史観」と言ってもいいかもしれないけれど、
それがもっとも結晶されているのは「つわものの賦」で、吾妻鏡をはじめとする
歴史書を、その裏側まで読み込んで
「あの時代に何が起こったのか」
を鋭く洞察している。

Image0571_2

たとえば、のちの征夷大将軍源頼朝が、なぜ弟の九郎義経と険悪になり、
死にまで追い詰めてしまったのかについては、
目付の梶原景時の讒言があったとか、義経の比類なき武功に頼朝が嫉妬したからとか、
いろいろ言われてきたのだけど、
自分としては永井さんの言う「恩賞」についての説明が一番しっくりときた。

京都の朝廷は武家に対し、恩賞としての官位や土地を授けることで国内の武士団を支配してきた。
平安時代までの数百年間に日本国内が古代的な統一を達成していたのは、
その恩賞のシステムを朝廷や公家たちが管理していたからだ。

ところが経済が発達して来て、権威だけで国内を支配できなくなってくると
そのような古代的な統一が成り立たなくなってくる。

平清盛などは、福原遷都を行って、経済で武家が朝廷を支配する体制を作ろうとしたが、
これは上手くいかなかった。
対する源氏の鎌倉武士団は、朝廷の牛耳る恩賞のシステムを自分たちが握ることで、
日本国内の武士を鎌倉の下において、軍事独裁政権を作ろうとした。
その第一歩として、平家を関西圏から追い払った恩賞を「鎌倉が推薦して行う」よう、
後白河上皇に要求してている。
武士団にしても、自分たちに土地や官位を授けてくれる武家の棟梁、源頼朝が一番偉いわけで、
名目上の支配者である朝廷との間には精神的な距離が出来る。
労せずして国内の兵力を掌握できてしまうわけだ。

永井さんはこのアイデアの発案者を大江広元(だったら面白いな)と考えているようだが、
京都でくすぶっていた中間管理職の役人が、朝廷のシステムのほころびを見破って、
「俺はお前らをひっくり返せるんだぞ!」
なんて考えていたとしたら、なかなか愉快である。
まあ、大江広元ではないにしても、それに相当する人材がいて、
鎌倉はそれをヘッドハンティングして、日本支配の大計画を実行に移した。

その時代をひっくり返す大計画を、義経は理解できなかった。
武家の主人が朝廷であり、朝廷のために敵を殲滅し、
その恩賞を朝廷からいただく。
明快にして単純な主従の関係でしか情勢を見ていなかった。

哀れな義経は、鎌倉が朝廷を相手に政治的駆け引きをしている間に、
上皇から勝手に官位を授かってしまう。
「俺が平家を撃退したのだし、上皇も是非にというから、官位を頂戴したのだ。兄上だってちゃんと説明をすれば理解してくれるだろう」
……頼朝が怒らないわけがない。

こうして義経の没落が始まる。

永井路子さんは歴史の一級資料である「吾妻鏡」などを読み込んで、
この男たちの策略と駆け引きと、それが引き起こす悲劇を
「面白い」
と思ったのだろう。
鎌倉時代を中心にして、「北条政子」「炎環」などの小説を書き続けた。
これに先にあげた「つわものの賦」を加えて、
大河ドラマ「草燃える」の原作となる。

主役の頼朝は石坂浩二。そしてもう一人の主役である北条政子を岩下志麻が演じている。

岩下志麻さんは、権力者の妻の愛憎を巧みに演じ、
しかも気品と格調を失わない。
この作品以降も「独眼竜政宗」とか「葵三代」などの名作大河で、
作品の核心となる奥方を演じることになる。

頼朝の石坂浩二さんは何を考えているかわからない貴族的な人物を、
その人間的な内面まで演じきって、
「これぞ頼朝」と納得させられる。
いろんな人が演じている頼朝役だけど、自分は石坂さんのが一番好きだ。

対する義経は国広富之で、「打倒平家」しか考えていない天才武将の悲劇を
うざいくらいにまっすぐに演じている。
日本史上屈指のヒーロー役だが、出てくるだけでうんざりさせられるというのは、
すごいことじゃなかろうか。
原作の意図を考えれば、これが大正解。

他にも、物語の主役の一人である北条義時役に暴れん坊将軍、松平健、
その親友にして狡猾な政敵、三浦義村役にライダー藤岡弘と、
現在となっては超豪華なキャスティングがなされている。
特撮ファン必見なのは、岸田森さんが大江広元役で鎌倉幕府の中枢にいることで、
「怪奇大作戦」が好きな自分としては、この方の顔を見ているだけで幸せな気分になる。

緻密にねりあげられた原作と、優れた脚本、
そして名優たちの大バーゲンセールで、大河史上、最も完成度の高い作品になっているこの名作大河。
しかも「承久の乱」を映像化した数少ない歴史劇。
(天皇謀反という刺激的すぎるキャッチフレーズのせいで、今後も映像化は難しいかも)
自分はこの「草燃える」が大河史上のベスト作品なのだが、
前回も書いた通り、NHKがビデオテープを使い回ししたために
マスターが消滅してしまった。
それを視聴者に呼びかけて家庭用ビデオで録られたものをかき集めたのが、
現在のアーカイブ作品である。
だから、映像の状態はちょっと悪い。
中には冒頭が少し欠けているものも存在する。

それでも、全話がそろって視聴可能になったのは本当にすばらしい奇跡で、
これを21世紀にも残せたことは幸福なことであった。

今年の大河は数字的に残念なことになったけれど、
鎌倉時代前後の日本の歴史はかなり面白い。
これに懲りず、この時代から再び名作が生まれることを切に願うのである。

« 若者と対峙できる大人がいないと音楽は生まれんのかもね | トップページ | 2013年正月に思うところ »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1669327/48431592

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ:

« 若者と対峙できる大人がいないと音楽は生まれんのかもね | トップページ | 2013年正月に思うところ »