無料ブログはココログ

amazon

  • PCソフト
  • DVDベストセラー
  • ベストセラー
  • ウィジェット

« 口は目ほどに真実を語らない | トップページ | 桜の枝を愛でる季節 »

2013年2月27日 (水)

不況時代のノスタルジー

 1

自分はバブル世代なので、単純な進歩史観を持っていたりします。

人類社会は過去から未来にまっすぐ進歩していくような気がしますし、
長生きしたらそれだけ発展した未来が見られるんじゃないかと、
そんな期待もしています。

でもそれは、自分がバブル世代で、
日本が史上最も極端な急成長をしていたからなのかもしれません。

自分が一番「進歩」を実感したのはテレビジョンでした。

自分が物心ついた頃は、既にカラーテレビは普及していたのですが、
白黒テレビと共存状態で、番組も白黒のドラマやアニメが再放送されていました。
チャンネルは回転式で、リモコンはまだ発明されていなかった。

それが、あれよあれよという間にリモコン式チャンネルが出回り、
回転式チャンネルが駆逐され、電源スイッチを入れてすぐに起動するようになりました。
(昔のテレビはパソコンのOS並みに起動に時間がかかった)

八十年代には家庭用ビデオデッキが出回り、
それまでテレビ番組に合わせて生活していたのが、
録画さえしておけば好きな時にテレビが見られるという便利な時代がやって来ました。
この段階で自分は中学生でしたから、その進化のショッキングさと言うのは、
かなり肌身に染みて感じていたりします。

文明は右肩上がりに進歩していく、自分らがそう思い込むのも、無理はないと思います。

雲行きが怪しくなってきたのは、昭和天皇崩御の前後で、
あの時期は石原裕次郎や美空ひばり、手塚治虫などの昭和を代表する著名人が、
次々とお亡くなりになっていました。

何だか日本が終わってしまいそうな勢いだな、とぼんやり感じたのを覚えています。

平成に入って、友人が一冊の漫画を持ってきて、
「これ面白いから読んでみろ」
と脅しました。
「本編はいいから巻末のエッセイ漫画だけでも読め」
と言われて、二巻目だったかな、読んでみたら結構面白かった。
「この、何コマ目で私は人生を誤ったでしょう、ってのが面白かった」
「だろ?こういうのが漫画なんだよ」

それはさくらももこ先生の「ちびまる子ちゃん」で、
その奇妙な少女漫画は、その後アニメ化され、主題歌の「踊るポンポコリン」は、
空前の大ヒットとなり、新しい平成日本の幕開けかとも思われました。

でもよく考えてみると、あの漫画に描かれた世界は自分の良く知っている昭和の日本で、
あのヒットそのものが消えゆく昭和という時代へのノスタルジーだったような気もします。

平成と言うのは、自分にとってあまりピンとこない時代で、
消えゆく昭和の香りを生活のあちこちに見つけては、
「あの頃は良かったな」
などと爺臭いことを考えていたように思います。

日本人は無意識に、もう一度昭和が再現されないかなと思っていたのかもしれません。
読売巨人でゴジラ松井が現れれば、ON時代の巨人軍の夢を再びと思い、
若花田・貴花田が土俵を沸かせれば、大鵬やウルフ千代の富士を懐かしみ、
モーニング娘。にはおニャン子クラブの幻影を感じて、
そういう「新しい昭和」を平成の御世に期待したのではないでしょうか。

ところが最近は、そういう昭和の面影を感じさせるものが、
だんだんと活力を失っていって、
いよいよ昭和が本当に姿を消してしまいそうな不安を感じないでもありません。

 2

日本の近代史で言うと、明治時代が終わって、
大正から昭和初期の時代が、なんとなく今の時代と似ていると、
指摘している人がいるような、いないような。
確かに、政治家がコロコロ変わったり、世界経済がおかしなことになったりと、
共通点は多いような気がします。

ちなみに、昭和4年の日本ですが、
この年、東大卒の就職率が30%を切っていて、
映画「大学は出たけれど」がヒットしていたりします。

この時期、なんでそんなに不況だったかと言いますと、
第一次世界大戦では、日本は「船成金」が生まれるほど大儲けをしているのですが、
大戦終了とともにその反動で戦後不況がはじまりまして、
ワシントン軍縮会議による軍需産業の不況、
関東大震災、
そして昭和の金融恐慌による銀行取り付け騒ぎがありました。

この当時は海外との貿易でレートの基準となるのは「金」だったのですが、
大戦中にアメリカが一時的に金の海外持ち出しを禁止したために、
日本も金本位制度を停止していました。
この辺、経済に不案内な自分にはよくわからないのですが、
アメリカがいち早く金本位制度を復活させて経済的に黄金期を迎えていたのに対し、
日本は復活させようとするたびに地震やら金融恐慌やらが起こって、
復活を先送りするしかなかったようです。
(自分は城山三郎の「男子の本懐」を読んだくらいの知識しかないです)
なんとなく、円高誘導で不況になってた民主党時代と重なります。

それで、昭和4年に浜口雄幸内閣が誕生しまして、
この内閣は金本位復活を政権の第一目標に掲げていて、
昭和5年の1月に金解禁を実施するのですが、
そのタイミングが恐ろしく悪かった。

昭和4年の10月24日にニューヨークのウォール街で株が大暴落しまして、
それが引き金となって世界恐慌が始まります。
ただ、この段階ではまだアメリカ国内の問題だったために、
浜口内閣は金解禁を予定通り実施します。
実施したら、アメリカの不況がどんどん大事になっていって、
ついに世界規模の大不況になってしまった。

浜口雄幸と言う人は、謹厳実直を絵に描いたような人で、
政治家としては彼くらいクリーンな人は日本史上にいないと思うのだけど、
この「失策」のために後世の評価はすこぶる悪い。

日本の不景気はいよいよ深刻さを増し、
東北では娘の身売りが相次いだ。
この東北の窮乏が226事件の布石にもなっている訳で、
太平洋戦争への伏線は、着々と張られ始めている。

以上、素人の解説による昭和不景気史でした。

 3

自分がもし、この時期に日本人として生まれていたら、
決して世の中が右肩上がりなどとは思えないでしょうし、
日本の未来にも、明るい希望を見い出せないような気がします。

たとえば、太宰治などは、この時期が青春ど真ん中だったわけで、
さっそくカルモチン自殺を図ったり、カフェの女給と心中騒動を起こしたりしています。

なんて真っ黒な青春なんだろう。

この時期の日本人がノスタルジーを感じるのが明治大正の、日本が元気だった時代でして、
たとえば文学では夏目漱石や森鴎外、芥川龍之介などがブイブイいわせていましたし、
美人画の竹久夢二が大ブームになったのも、大正バブル時代だったりします。
浅草オペラに活動写真、少女歌劇団、大相撲だと太刀山が58連勝していましたし、
蓄音機なんて文明の利器まで現れて、カフェで女給さんを眺めながら音楽に耳を傾け、
日本はこれから右肩上がりじゃ、世界の一等国じゃと浮かれていたわけです。

その時代の英雄たちが次々と物故し、芥川龍之介も昭和2年に自殺してしまいます。
太宰は芥川を尊敬していたようで、この自殺に強い衝撃を受けます。

過ぎ去りし大正ロマンにノスタルジーを感じながらも、
時代は不景気の中、どんどんきな臭くなっていく。
太宰は過ぎ去りし時代をもう一度復活させるかのように、
芥川ばりに短編作品を書きつづけていきます。

しかし、結局太宰治が生きている間にそのような元気な時代が訪れることはなく、
日本は敗戦を迎えてGHQによる占領の時代になります。
なんかもう、やってられねぇやって気持ちになりそうです。

戦後になって「斜陽」を執筆。没落する華族階級を書いて流行作家の仲間入りをするも、
文壇の長老から「こんな華族いねぇよ」と小馬鹿にされて逆上、
全方位に喧嘩を売りまくって「人間失格」を書いて玉川上水で情死。
太宰の視点からすると、いい時代は遠くの過去で、
未来に対しては何の希望も抱けなかったのかもしれません。
あるいは、
「遅れて来た者の悲哀」
を、太宰もまた感じていたのかもしれない。
なんで自分の周りにいる作家が森鴎外や芥川龍之介じゃなくて、
志賀直哉とか川端康成とか、井伏とか佐藤春夫なのか、と。

しかし、実際のところ、このあと日本は戦争特需で高度経済成長の時代を迎え、
ニューヨークで土地を買い捲るくらいの好景気を迎えます。
この筋書きは、さすがに読めねえ。

大正から昭和にかけての日本が、不運続きで、
まるで疫病神に憑りつかれているかのようだったのに対し、
戦後の日本のバブルへの歩みは、まるでシンデレラストーリーでも見ているような、
荒唐無稽な感じがします。
実際、バブルがはじけるまでの自分は、
こういう幸福な時代が無限に続いていくものだと単純に思い込んでいました。

この時代に太宰が生き残ったら、彼はどう考えたでしょうか。
彼の師匠の井伏鱒二などは平成まで存命だったわけで、その可能性は十分にありました。

自分は、日本が元気になると、太宰も元気になって傑作をポンポン書いたのではないかと、
そんな気がします。
太宰治と言う人は、たとえば日本が太平洋戦争をはじめて、
快進撃を続けていた(ことになっていた)時期に、安定した傑作を書いていたりします。
日本の元気が太宰の元気、なのではないかと、自分は勝手に考えているのです。
暴論覚悟で書いちゃいますけど。

太宰が情死などせず、生き延びていたなら、
三島由紀夫の天敵となり、芥川賞と言う権威に喧嘩を売り続け、
案外島田雅彦あたりとは同じ落選組としてシンパシーを感じ、
川端がノーベル賞を取れば、これを嘲笑い、
三島が割腹自殺をすれば、やっぱりゲラゲラ笑い、
なぜかテレビに引っ張り出されて、横山やすしと毒舌合戦を繰り広げる、
そういう昭和史に、なっていたかもしれません。

その場合、「人間失格」の太宰とはずいぶん違ったイメージになっていたでしょうけど。

P1040503

写真は今回使いまくった小学館の「江戸東京年表」1993年の第1版です。
先史時代から1993年の曙横綱昇進までの東京の歴史が年表になっています。
現在は2002年までの年表を追加した版が書店で売られています。

自分は発売早々に手に入れているので、もう20年のお付き合いになりますが、
装丁がしっかりしているし、紙の酸化などの劣化もまったく起こっておりません。
内容も庶民の暮らしに直接関係していること(物価とか流行歌とか)が多く書かれ、
文化史としても面白い読み物になっています。
良本です。

« 口は目ほどに真実を語らない | トップページ | 桜の枝を愛でる季節 »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1669327/49703916

この記事へのトラックバック一覧です: 不況時代のノスタルジー:

« 口は目ほどに真実を語らない | トップページ | 桜の枝を愛でる季節 »