無料ブログはココログ

amazon

  • PCソフト
  • DVDベストセラー
  • ベストセラー
  • ウィジェット

« 出前の話 その1 | トップページ | 出前の話 その3 »

2013年7月10日 (水)

出前の話 その2

東京はやたらとラーメン屋が多い。
僕は名古屋で生まれ育ったのだけど、昔の名古屋はラーメン不毛地帯で、
ラーメン屋はそんなにたくさんはなかった。
そのかわり、やたら喫茶店が多くて、モーニングサービスが充実していた。

東京に来て驚いたのは、とにかく喫茶店が少なくて、
そのぶん、そば屋とラーメン屋がやたら乱立していたことだ。

自分はあまりラーメンを食べるという習慣がなかったのだけど、
出前のバイトをしていた一年間は、昼は毎日ラーメンで、
鶏ガラスープのあっさりした味にすっかり慣らされてしまい、
ラーメン無しでは生きていけない身体にされてしまった。

名古屋にいた頃は大好きだったきしめんも、この頃はその存在を忘れてしまうくらいだ。

自分のバイトしていた店は中華食堂といったスタイルで、
餃子もチャーハンも、エビチリも、酢豚や天津飯も、いろいろあった。
最近はやりのラーメンとかつけ麺オンリーの店とは違う。

自分は、この店で五目焼きそばとか、五目カタ焼きそばとかの味を覚えて、
とくに前者はかなりの好物になっている。
店のおじさんは僕があんまりおいしいおいしいと言うので、
大きな丼ぶりいっぱいに五目焼きそばを作って、
「さあ、喰いやがれ」
と出してきたこともあった。

さすがに二人前はちょっときつい。

ラーメンスープに特製の豆板醤を入れて、とびきり辛いラーメンも作っていた。
辛いラーメンというのも、名古屋時代の自分には縁がなかったので、
(台湾ラーメンの店がかなり近所にあったにもかかわらず)
以来、辛いラーメンを大汗をかきながら食べるのも、大好きだ。
ただし、本場の人が本気で作った担担麺はさすがに辛すぎて食べれない。

と、ラーメンに縁のなかった自分にいろいろなラーメンを教えてくれたのがこの店で、
この店でバイトをしなければ僕はラーメンのおいしさに気が付かなかったかもしれないし、
あるいは、今よりもっとスマートで、健康的な体だったかもしれない。
複雑なところだ。

でもまあなんだかんだで、僕はお店のおじさんおばさんにはとても感謝をしているのだ。
おいしいものを食べさせてもらえた恩義は、一生忘れないものなのだ。

C1
C2_2
C3_2
C4
C5
C6
C7
C8
C9

詳細はその1

« 出前の話 その1 | トップページ | 出前の話 その3 »

出前の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1669327/52397412

この記事へのトラックバック一覧です: 出前の話 その2:

« 出前の話 その1 | トップページ | 出前の話 その3 »