無料ブログはココログ

amazon

  • PCソフト
  • DVDベストセラー
  • ベストセラー
  • ウィジェット

« 出前の話 その5 | トップページ | 歴史ドラマ »

2013年7月29日 (月)

復元

昔の刑事ドラマで、身元不明の白骨死体が見つかると、
科学捜査班みたいなのが突然出てきて、
被害者の生前の顔を「復元」するシーンがありました。

白衣を着た気難しそうなおじさんが薄暗い研究室のような部屋に籠り、
被害者の頭の骨を地球儀の台のようなものに固定する。
そこに粘土を貼りつけ、ガラスの目玉を入れ、
ウイッグを乗せ、お化粧をすると、哀れな被害者の頭が出来上がる。

刑事さんがその再現された顔を見て、
「あっ!」
と叫ぶと、被害者の生前の姿がプレイバックしたりしました。
割とお約束のシーンだったします。
場合によっては、役者さんが台から頭だけ出して、
復元人形の役をやるなんて、かなりシュールなドラマもありました。

具体的に番組名までは覚えていないのですが、
当時自分が観ていた刑事ドラマというと、
「特捜最前線」とか「Gメン'75」なんかじゃないかと思います。
火曜サスペンス劇場でもあったかもしれない。

「復元」は、刑事ドラマの緊張感を高める、格好のアイテムでした。
殺された人間が、研究室の机の上で生前の姿を取り戻す……
そこにはオカルトな恐怖が秘められているのです。

子供の頃、学研の学習雑誌の付録で骨格標本がついてきたことがあったのですが、
そいつの小さな頭蓋骨を見た僕は、当然のように「復元」を始めました。
粘土で顔面を再現して、
「おお!」
と驚いてみたり……まったく何がうれしいのだか。

そんなこんなで骨格標本に多少の愛着のある僕は、
何年かまえにアメリカの知育玩具で、千円くらいの奴を買って、
部屋にずっと、飾っていたりします。
こんなやつ。

P1040515

肩甲骨とか調べるときに便利です。

P1040520

そういえば、作家の吉村昭さんの小説で、「透明標本」とか「少女架刑」があるけれど、
あれは、本物の骨で骨格標本を作ることに情熱を燃やす男の話で、
作者の骨へのフェティシズムが感じられて、個人的に好きな作品です。
「少女架刑」は、女の子の死体を病理解剖する話で、物語の途中で標本男が出てきて
「その骨は私のものだ!」
とか叫んでたはず。

自分には、骨へのフェティシズムはないのですが、
復元を通して生前の姿を再現できるという点では、
骨にものすごい興味を感じたりしています。

例えば、石田三成。

太閤秀吉の家臣として、秀吉亡き後も豊臣家を支え、
天下を乗っ取ろうとする徳川家康に決然として挑み、関ヶ原で負けちゃった人。

島左近とか、大谷吉継とか、名だたる戦国の武人に愛され、
「この男のためになら死んでもいい」
とまで思わせたのですから、とても魅力的な方だったはずです。
もっとも、加藤清正とか福島正則には毛虫みたいに嫌われてましたけど。

関ヶ原の敗戦後、山の中に隠れていたところを発見され、
「腹も切らぬとは、とんだ臆病者よ」
と笑われ、
身体に悪いから柿は食べないと言えば、
「これから死ぬ人間がなんで健康の心配をするのか」
と、また笑われて、それでも、

「武士たるもの、最期の瞬間まで主君のために生き延びようとするものだ!」

と、顔を真っ赤にして反論する執念の人。
結局、四条河原かどこかで首を落とされてしまったのですが、
その首は河原にさらされた後、縁者の人が寺に埋葬して、お墓が残っているそうです。

この頭の骨の発掘調査が行われて、復元された石田三成の顔が、大阪城にあるのですが、
それが、これです。





Img_1305275_34327075_0_2

僕は三成と言えば近藤正臣とか江守徹をイメージするので、
なんか違うという気がします。

歴史上の人物の復元と言えば、最近でもイギリスでリチャード三世の骨が発見されました。
十代の頃に読んだ英国王室の本で、
シェークスピアの史劇で役者さんの演じてる写真が載ってて、
それが「黒い貴公子」みたいですごくカッコ良かったのですが、
復元された姿はこれです。




D76dd1b06e3647c543027d54f2fd1760_40

はぎわらなが……僕はダースベーダーみたいなイメージをずっと持ち続けていたので、
復元された顔を見ると、実は結構いい人なんじゃないかと思えてきます。

他にも、伊達政宗、JSバッハから、例のアイスマンまで、
復元された歴史上の人物はたくさんいます。

歴史上の著名人が、生前はどんな姿だったのか、
多くの人にとってとても興味のある話題だと思います。
タイムマシーンが存在しない以上、DNAからでも過去の姿が再現できないかと、
そんなことまで考えてしまいます。
……なんだかジュラシックパークみたいなことになりそうですけど。

そういえば、東京タワーの蝋人形館が間もなく閉館されるそうです。
「復元」というのは、自分にはロマンだったりするので、
そのロマンを感じさせる場が一つ消えてしまうのは残念です。

あんまり残念なので、記念に一枚、蝋人形館で撮った写真を載せます。


P1040112_3  

隅っこの方にちゃっかり展示されていました。

« 出前の話 その5 | トップページ | 歴史ドラマ »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1669327/52657316

この記事へのトラックバック一覧です: 復元:

« 出前の話 その5 | トップページ | 歴史ドラマ »