無料ブログはココログ

amazon

  • PCソフト
  • DVDベストセラー
  • ベストセラー
  • ウィジェット

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月18日 (日)

ひそみにならいて

高校生の頃、一人で奈良の古寺名刹を歩いて回ったことがある。
奈良駅を降りて東大寺で大仏を見上げ、奈良公園では鹿と戯れた。
なぜか、

ふんふんふん♪黒豆や♪

という歌が奈良限定でリバイバルしていて、あちこちで耳にした気がする。
今調べてみたら、吉永小百合さんの「奈良の春日野」という歌で、
黒豆とは鹿の糞のことである。鹿の糞だから「ふんふんふん」となる。

永遠のアイドルになんて歌を唄わせるんだ。

それから、法隆寺に回って、そのあと興福寺を見学する。
藤原家の菩提寺として作られた寺院だったはず。

付属の博物館みたいなところで仏像を見たのだけど、これが何とも壮観だった。
まず、なんといっても阿修羅像。
脱活乾漆という技法でつくられていて、中は空洞になっている。
表面は木の粉を漆で捏ねたような素材で成型されていて、
仏像としてはかなり特殊な部類に入ると思う。(八部衆も同じつくりだ)

胸のあたりで合わせられた手は後世の復元で、完成当初に手を合わせていたかどうかは謎。

実際の人間と比べると少し小ぶりな感じで、八割ぐらいに縮小した感じがする。
僕はこの阿修羅像のまわりをクルクル回って、
どれくらいだろう、十分以上は眺めていたと思う。
館内に人はそれほどいなかったはずだし。

で、その日の宿に入ってから、ひたすら阿修羅像を描きまくった。
絵葉書を何枚か買ったので、それを見ながら模写したのだと思う。

他にも、天灯鬼・竜灯鬼像なんかが気に入ったのだけど、
やっぱり阿修羅像がド・ストライクで、名古屋に帰ってからも、
阿修羅像の絵ばかり描いていた。

Img117
      後生大事にとってあった。
Img118
    竜灯鬼像

なんでこんな思い出話をするのかというと、
こういう衝動は、案外大切なんじゃないかとしみじみ考えたからだ。


人間にはコピーしたいという欲求がある。
会社にすごく出来る上司がいれば、そのライフスタイルを真似したいと思うだろうし、
美人がいればそのメイクなりファッションなりを真似してみたくなるのが女心だろう。

昔、中国にものすごい美女がいて、すこし病気を患っていたのだけど、
その痛みをこらえて眉間にしわを寄せる様子が何とも艶っぽく、
村の男たちがみんな夢中になった。
これを見た醜い女が「私も男にもてたい」と思い、真似をしてみたのだけど、
醜い女が眉間にしわを寄せるのだから、その面相は何とも恐ろしく、
村は大パニックに陥った。

この故事を称して「ひそみにならう」と言う。
ひそみとは眉と眉の間のことで、美女のひそみを醜女が真似をすること、転じて、
「立派な人の行いを自分のような立派でない人間が真似してみました」の意となる。

人間は良いものがあれば真似したいと思うし、取り込みたいと感じる。
そういう衝動があるから、人類は進歩するのだし、立派な行いも増えていく。
でも、その真似をする対象への愛情と言うか、敬意は欠かせないもので、
表面だけを剽窃して「自分は本物を越えた」なんて誇るのは品のない人間のすること。

「ひそみにならう」の醜女さんは、そこがちょっと欠けていた。


コピーとは本来、愛に満ちた行為であり、
それ故に漫画の世界をコピーした同人の世界を多くの人が支持しているし、
そこから本物が生まれてくる事だってある。

でもコピーをコピーし続けるというのは自家中毒というものであり、
ときどきは自分が愛情を向けている対象が何なのか、冷静に見つめなおす必要がある。
これは自分の反省としても書いてるんですけどね。

昨夜、古い友人と居酒屋で飲んできた。
この方はそれはそれは先輩を大切にして先輩からもかわいがられる方だった。
先輩の良いところは真似をして、自分もそうなろうとしたし、
先輩が何かの実行委員として大役を果たすのを見れば、
自分も同じ委員になって後に続こうとした。

その人が長い時間を経過してどうなったかと言うと、とてもカッコいい大人になったのだ。

まあ、やっていることは学生時代と同じで、
名古屋飯が売りのその店で、昔みたいに味噌カツやら手羽先やらを奪い合って、
この数十年繰り返してきた同じ話題をまた繰り返したのだけど、
その方の喋りは昔よりはずいぶんと落ち着いていたし、表情も穏やかだった。
彼には大学や会社に尊敬する先輩が何人もいて、
必死でその背中を追いかけているうちに、
自分もまたその先輩たちと同じ風格を身に着けたのだと思う。

時代はコピー文化が全盛で、
あらゆるものが日常的にコピーされ、真似をされ、剽窃される。
ついには3Dプリンターなんてものまで現れ、人々のコピー衝動に訴えようとしている。
けれど安易なコピーは一時の衝動を満足させるだけで、虚しく終わってしまう。
何かをコピーして所有欲を満足させる前に、対象への愛情をしっかり持ち続けねばと、
この頃は考えるのですよ。


追記。友人と飲んだ後、会計を二千円札三枚でやろうとしたら、すごく受けた。
何がツボだったのかよくわからないのだけど、
「会計の女の子が、一瞬目を見開いてた」
とうれしそうに語り、
「このことブログに載せるね」
と言って夜の街に消えて行った。
どこかのブログで二千円札で会計をした男の話が出てきたら、
それはたぶん自分のことだと思う。

01_2

02_2

03_2

04_2

05_2

06_2

07_2

 

 

2013年8月 8日 (木)

歴史ドラマ

歴史ドラマというのは難しい。

今年の大河ドラマは、自分もずっと観ているのだけど、
主人公が新島八重という知名度の低い人のせいか、今一つ盛り上がらない。
良いところはいっぱいあるのだ。奥田瑛二の佐久間象山には目を引き付けられたし、
意外なことに、小泉孝太郎の徳川慶喜がものすごくはまっていた。

歴史再現ドラマとしては、自分は結構楽しんで観ているのだ。
けれど、それが視聴率と結びつかないのは、やはりドラマがエンターテイメントだからで、
それこそ「二倍返しだ!」(半沢直樹)くらいのハッタリは必要なのかもしれない。

リアルとエンターテイメントのどちらが上かと聞かれれば、
どうしてもエンターテイメントが上になる。
リアリティというのは歴史ドラマの味付けでしかなくて、
大多数の視聴者にとっては、それが正しい歴史どうかというのは大して問題ではない。

大衆時代小説のはしりで、直木三十五の「南国太平記」というのがある。
青空文庫で無料で読めてしまうくらい、昔の作品なのだけど、
題材は薩摩藩の「お由羅騒動」で、島津家の跡目相続をめぐる痛快時代劇であり、
当時はベストセラーになるくらいもてはやされた。

ところが、これに歴史家の三田村鳶魚が噛みついた。

作品そのものが三田村の研究を下敷きにしていたし、歴史的な記述も間違いだらけだった。
まず、益満休之助が若侍として登場するけれど、
この人は「お由羅騒動」の時点ではまだ子供だったりする。

益満休之助は幕末慶応三年の薩摩藩邸焼き討ち事件の当事者の一人であり、
のちに勝海舟によって牢屋から救い出されて、江戸城無血開城の折、活躍することになる。
益満がいなければ江戸は戦火に焼かれていたかもしれず、
そういう意味では、江戸の人達にはよく知られた人物だったのだろう。

そういう人が、何食わぬ顔で「お由羅騒動」に出てきているのだから、
そりゃまあ、歴史家だったら真っ赤になって怒るだろう。僕だって怒る。

けれど「南国太平記」は直木三十五の代表作であり、都合10回も映画化されている。
さんざん噛みついた三田村さんには申し訳ないけど、この喧嘩の勝者は直木三十五だ。

じゃあ、歴史ドラマにリアリティなんて必要ないのかと言うと、そうでもない。

三田村鳶魚が直木三十五にさんざん噛みついたおかげで、
後の世代の歴史小説家は史実にできるだけ忠実に作品を描き上げるようになった。
司馬遼太郎しかり、海音寺潮五郎しかりである。

特に司馬遼太郎のバランス感覚は秀逸で、歴史的事実に取材しながらも、
エンターテイメントとして優れた作品を数多く残している。
ただ、あんまり見事なので、その創作部分が歴史的事実と勘違いされることも多い。

この流れが究極まで突き詰められて、創作部分が限りなく少なくなると、
吉村昭の歴史小説になる。
この作家の場合、その創作部分でさえ歴史的事実の範疇を大きく逸脱しない。
そして、事実を事実としてえぐり出すことの凄みが、この人の最大の特徴となる。

「関東大震災」の被服廟跡での惨劇のシーンは、小説なのに僕のトラウマになってるし、
「戦艦武蔵」の撃沈シーンは、タイタニックよりも数倍怖い。
そして、そういうリアリティが積み重ねられているから、
「冬の鷹」の前野良沢の晩年は、涙なしには読み進めることが出来ない。

ただ、若い頃の自分はそういう事実の重みをあまり理解していなかったので、
なんでこの人の作品は、西郷隆盛とか坂本竜馬とかが活躍しないのだろうと、
ちょっと不満に思っていた。ダメな人である。

歴史ドラマで史実をとことんまで極めてしまうとどうなるのか。
その極限のドラマというと、

「天皇の世紀」

がある。
なにしろ、僕はこのドラマをCSで十年前に録画して、
最近まで見通すことが出来なかった。それくらい、徹底した作品である。
あんまりマニアックすぎるので、たぶん原作を読むか日本史に精通していないと、
何が起こっているのかさっぱり理解できない。

原作は大仏次郎である。おさらぎ、である。
横浜の港の見える丘公園に大仏次郎記念館があるけれど、
自分がその前で写真を撮っていたら、カップルが目の前を歩いていて、

「だいぶつ次郎記念館だって」

と笑いながら通り過ぎて行った。恐ろしいけど本当の話。

012_2

013_2

で、「天皇の世紀」なのだけど、
登場人物に全体を通しての主人公というのが設定されておらず、

鳥居耀蔵(伊藤雄之助!)
長野主膳(天地茂!)
島津久光(佐藤慶!)
川路聖謨(木村功!)
阿部正弘(田村高廣!)
吉田東洋(志村喬!)
武市半兵太(細川俊之!)
橋本左内(田村正和!?)

など、鼻血が出そうな豪華なキャスティングがされている。
これで歴史に忠実な再現ドラマをやろうというのだから、
いい時代だったなと思う。

ただ、これをお茶の間で気楽に観ようというのはちょっと大変で、
よっぽどの歴史グルメじゃないと厳しいのではないか。

丹波哲郎の田中河内介とか、ネットで調べて初めて「面白い話じゃん」と納得した。

僕はドラマであっても史実に忠実なものが好きだけれど、
そこにあんまりこだわると、視聴者には受け入れてもらえないのかもしれない。

司馬遼太郎のようなバランス感覚というのは、本当に奇跡的なものなのだ。

……なんかすげーコラムっぽいコラムになってしまった。

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »