無料ブログはココログ

amazon

  • PCソフト
  • DVDベストセラー
  • ベストセラー
  • ウィジェット

« 出前の話 その6 | トップページ | 酒は涙か溜息か »

2013年9月27日 (金)

古い日記

古い外付けハードディスクの中に昔の日記があったので、ちょっと抜粋してみます。

平成11年12月13日

なにも書くことなどないのだが、ブラインドタッチを覚えるために心に移りゆくよしなきことでも書いてみようかと思う。
パソコンなんてものを買ったのは今年の10月16日頃のことだ。
自分では将来これでシナリオが書けるくらいのところまではいきたいと思っている。しかしなかなか難しい。キーボードを見ながらだったらけっこう早く打ち込めるのだが、画面を見ながらだとどうしても考え考えになってしまう。

★(今はタッチタイピングとか言うそうな)

平成12年1月18日

「大使閣下」は文化庁のメディア芸術祭の漫画部門にノミネートされていたのだけどあれからなにもいってこないということはやはり賞は取れなかったんだろうな。
不思議なもので「取れそうだ」ということになるとそれまでどんなに賞に無関心であってもちょっと手に入れてみたいという気分になる。自分の中にこういった下衆な考えがあるというのは面白くないことではあるが、下衆でなけりゃ下衆な人間は描けない訳で、漫画家という職業上これはしょうがないことだ、なんてね。 

★(ノミネートされていたことすら、日記読むまで忘れていた)

平成12年1月20日

新聞の書評を読んでいると「この本を読みたいな」ということがよくある。その場でメモを取れば問題は簡単なのだけど、根っからの不精者なので「あとでいいや」と思い、結局そのままになってしまう。何日かして本屋に立ち寄って「そういえば面白そうな本があったんだよな」と思ってもあとの祭り、読みたいという思いだけを残してその本のタイトルも著者名も永遠にわからない羽目になる。こうして闇の彼方に消えていく本は山のようにあるのだけど、たまにふと手にした本が大昔に書評で取り上げられていた本だったりすると長い間引き裂かれていた恋人同士が再会したような気分になる。そして、その本が思ったより全然詰まらなかったりすると自分の今までの思いこみはなんだったのだろうとちょっとだけ悲しい気分になる。

○○さんは以前編集部にネームの持ち込みに行って、××さんにチェックを入れられたとき、「俺、これ描いてみたいです」と言って勝手に作画に入ってしまったことがあった。これはもちろん論外である。漫画家は編集部からの注文があって始めて描けるのであって、自分の趣味嗜好を満足させるために描くのはアマチュアのする事である。
しかし世の中どう転ぶかわかったものじゃない。こうして描き上げられた○○さんの原稿は「代原」として編集部に買い取られ、今掲載の機会を虎視眈々と狙っている。

★(これは編集部の方が太っ腹だ)

平成12年1月22日

先日のことだがモーニング編集部の××さんのところにテレビ局から電話があって、「炎のチャ○ンジャー」という番組で大使閣下を使いたいということであった。なんでも百時間絶食出来たら百万円という企画で料理漫画を無理矢理読ませるんだそうな。当日はしっかりビデオに録画して観たのであるが、期待に反して大使閣下は一度も出てこなかった。よくよく考えてみると飢えた人間に絵に描いた料理を見せたっておもしろかないのだ。これは企画のミスである。

★(すごく期待していたらしい)

平成12年1月24日

昨日長生き双子姉妹の「金さん銀さん」の金さんの方がお亡くなりになった。百七才だった。大往生であるが正直もうちょっと長生きしてもらいたかった。世界レベルのニュースソースになるくらいまで。

★(地元名古屋の有名人でした)

平成12年2月25日

もうすぐ3月だ。大使閣下の話が来たのが98年の3月下旬だから、あれからもう2年になる。早いというか何というか、よくぞここまで続いたものだと思う。あと一年はとてももたないであろう。編集長が初めの頃言っていたように、十巻まで行けば万々歳である。

★(長く続けさせていただき、ありがとうございました)

平成12年3月14日(火)8:28 AM

ネット上に「死んだ漫画家」の話題があって、おかげで「かがみあきら」さんの死因がわかった。自律神経失調症で暑がりなため、水風呂に入って、そのあと扇風機を回しながら寝てしまい、心不全か何かを起こしたんだそうな。
「かがみあきら」が亡くなったとき、僕は高校生で、「かがみあきら」の本はたいていそろえていた。はっきりとした個性を持った作家さんだったと思う。ある意味、八十年代の漫画の方向性を形作った人だと僕は思う。(アニメ的なものと漫画的なものの融合と言った意味で)

★(絵的な影響はかなり受けていると思う)

平成12年3月20日(月)3:54 AM

土曜日に講談社の国際部から韓国語版の大使閣下一巻を送ってきた。タイトルもハングル。中身もハングル。僕が描き込んだ擬音や効果音まで見事にアンニョンハシムニ化している。実家の隣に韓国人の奥さんがいるのでその人に贈呈するつもり。

★(最初の頃だけもらっていただいていた)

平成13年10月14日

ニューヨークでは炭そ菌が大ブレイク中。マスコミや国連なんかに白い粉の入った封筒が送りつけられてきて、その粉に触れた人が病院に担ぎ込まれる騒ぎになっているとか。今のところ詳細は不明だが、先ほどの同時多発テロの関連でイスラムの過激派ゲリラがやっているのではないか、といわれている。

このことでふと思ったのは、なぜか出口王仁三郎だったりする。この人が生前「日本で起きることは世界で起こるんじゃ」とのたまっていたのだが、それは「北海道は北米大陸じゃ」とか、「四国はオーストラリアじゃ」とか、「本州はユーラシア大陸じゃ」とか、まあ、そういうくだらない話なのだが……ちなみに九州は南米大陸だったと思う。……このテロ騒動の成り行きが数年前の「オウム真理教」のサリン事件によく似ていて、まさしく「日本で起きることは世界で起こるんじゃ」な感じがする。アフガニスタンを攻撃するアメリカ軍を見ていても、あの上九一色村のサティアンに機動隊がのり込んでいった時の映像がなんとなくダブってくる。

オウムの事件は風化してしまったけど、あの事件で日本という国は何か大きく「歪んだ」ような気がする。あの事件のあとに神戸の連続殺人事件が起こったし、犯罪の質が極端に陰湿で不気味になったように思う。僕は出口王仁三郎が何を言ってもギャグとしか思わない人間だが、21世紀の世界の展望に対しては、何か暗澹たる気持ちになり始めている。

★(何か大事件が起こるたび、神経質になる人間なんです)

平成13年10月21日 日曜日

BGMにルクレールを流してるんだけど、いいね、これ。フランスのバロック音楽なんだけど、華やかで感覚的。ああ、クラシックにはこういう世界もあったんだな、これにはまっちゃうとロマン派だの現代音楽だのは馬鹿らしくって聴いてられなくなるよな、ってな感じ。

でもシベリウスも良かったりするんで、人間の感覚なんて信用できません。ユッカ=ペッカ・サラステ指揮、フィンランド放送交響楽団による、いわば本家本元による演奏ですな。交響曲3番、6番、7番が入っております。自分がこれを買った理由はただ一つ、「まともな6番交響曲が聴きたい!」……というわけで、今回はシベリウスの交響曲6番物語ですな。

昔、自分がまだ江戸川区に住んでいたころ、ラジオでクラシック放送を聴く事が多かったわけです。今もやってるけど、渡辺徹のおしゃべりクラシックなんてのを腹を抱えて聴いていた時代だわな。

ラジオのクラシック番組だと、リクエストをする人の個人的な思い出だとか、パーソナリティーの思い入れたっぷりの作品紹介とかがあって、普通にCDとかで聴くのとはまた違った面白さがあるわけです。たとえば、戦前浅草かどこかの舞台で悲壮交響曲の第一楽章のあの美しいメロディーを聴いて、「俺は大陸に行くんだ!」と若い胸をかきむしられる様な高揚感を感じた男性がいて、実際満州に行ってしまったらしいんだけど、その後ソ連軍の参戦とともにシベリア送りになってしまい、艱難辛苦の末、ようやく日本に帰国した後、あの交響曲がロスケの作ったものだと知り、「ある意味願い通りになったわけだ」と苦笑交じりに話している人がいたりする。自分は今でも悲壮交響曲を聴くと、この老紳士のリクエストの事を思い出すわけです。

あと、やはり戦前、友との別れにベートーヴェンの「クロイッエルソナタ」を聴いたとか、その曲を聴くとよみがえってくるリクエストのコメントが結構ありますね。

で、シベリウスの交響曲第6番なんだけど、これはパーソナリティーの作曲家の先生が「これは宮沢賢治の銀河鉄道の夜みたいな曲だ!」と熱く語っていた思い出の曲です。宮沢賢治フリークで、銀河鉄道の夜なら何回読んでるか分からないほどの自分としては、「どんな曲やねん」と半ば馬鹿にしたような気持ちでラジオを聴いていたのだけど、流れてきた曲を聴いて、本当にびっくりしたね。これ、まるで銀河鉄道の夜のために書かれたような曲だよ、ってさ。実際、賢治の執筆年代と、シベリウスの作曲年代ってのはほぼ同時期らしい。時代の空気、ってのも微妙に作用しているんだろうけど、それにしても、第一楽章の冒頭の神秘的な感じ、そして、主題部の汽車がミルキーウェイを走っているようなリズムとか、まったく賢治の世界そのままなので、のぼせ上がった自分はすぐにCD屋まで走りましたよ。

その作曲家の先生は「カラヤンの演奏が最高!」とのたまっておられたので、自分も迷うことなくそれを買いました。カラヤン聴いて感動したためしがないのに。

★(省略。以下延々曲の感想)

AM 06:09

ネームが進まなくて、ついまたPCに手を出してしまう。なんだか眠くなってきたし。肩もまた、凝り始めてるんだよな。休むか、今日?

田中真○子外務大臣をモデルにした話なわけだけど、肝心な真○子大臣のデザインが決まらないんだよね。そっくりさんにするか、それとも全然違った感じにするか。

★(結局正反対で描いてますね)

……以上です。
自分はかなり懐かしいのですが、読んでくださる方にとっては、
「今と大して変わらない」
と感じるかもしれません。
文体なんてものは二十代で完成してしまうと大きくは変化しないのかもしれない。

P1000331

ストロンガー。後ろがサザエボン。実家の母がくれた。

« 出前の話 その6 | トップページ | 酒は涙か溜息か »

思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1669327/53400257

この記事へのトラックバック一覧です: 古い日記:

« 出前の話 その6 | トップページ | 酒は涙か溜息か »