無料ブログはココログ

amazon

  • PCソフト
  • DVDベストセラー
  • ベストセラー
  • ウィジェット

« 敗者復活 その2 | トップページ | 敗者復活 その4 »

2013年12月 6日 (金)

敗者復活 その3

書き損じの文章をさらし続ける、その3回目。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

出前の話 その7

時期的には完全に外しているのだけど、冷やし中華の話。

ラーメン屋の親父さん夫婦とその年最初の冷やし中華を食べているとき、
話の流れで、
「そういえば名古屋では冷やし中華にはマヨネーズがついてくるんですよ」
と話したところ、
「なんじゃそりゃ」
と、ひどく驚かれ、そりゃ何かの間違いだろうという顔をされた。

名古屋で冷やし中華にマヨネーズは割とポピュラーなので、
「案外おいしいですよ」
と、なんとか納得してもらおうとしたのだけど、どうしても理解してもらえなかった。
かなり不気味な感じがするらしい。
マヨラーがご飯にマヨネーズをかけるような感じだろうか。

ウィキペディアだと、ラーメンとマヨネーズを掛け合わせたのは寿がきやが最初らしい。
寿がきやは名古屋のジャンクフードみたいなものなのだけど、そこで出していたものが、
一般のラーメン屋にも広がったらしい。
ただし、東海地方限定で。

だから、自分は冷やし中華とマヨネーズには違和感をまったく感じないし、
親父さんたちが「信じられない」と言ったその感覚も、よくわからない。
ただ、涼を求めて酸味のある爽やかなラーメンを作っているのに、
そこに味のちゃぶ台をひっくり返す高カロリーの食材を投入されるのは、
ラーメン一筋の親父さんには認めがたい事だったろうなとは思う。

そういう自分も、まかないで味噌ピーナツが出てきたときには、
「これでご飯を食べるんですか」
とちょっと躊躇した。

「同じにするな」と、関東の人には怒られるかもしれないけど、
メロンに生ハム、酢豚にパイナップルくらいの違和感があった。

まあ、みんな好きなんですけどね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これを使わなかった理由は単純。
「こんな寒いのに冷やし中華の話なんて誰も読まねえよ!」
ということです。
書いたの9月なんですけどね。

もう一つ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

新しい日本語というのは日々製造される。
何日か前の新聞に「イケメン」という言葉は、
新しい日本語として既に市民権を得たと書かれていた。広辞苑にも載っているらしい。

「全然大丈夫」というのも、使われ始めた当初は逆説的で面白い言葉だと思ったけれど、
今では当たり前の慣用句になってしまって、面白味の方はどこかへ吹き飛んでしまった。

言葉は時代のスタイルに合わせてマイナーチェンジされている。
そのマイナーチェンジが積もり重なって、
言葉の方で日本人の思想や生活習慣を作り上げていく。

前のブログでも書いたけど、三波春夫先生の
「お客様は神様です」
という言葉は、言葉の方で独り歩きして、
「商売人はお客様という神のために尽くすのが当たり前なのだ」
と曲解され、今の時代に横柄で自分勝手な人間をたくさん作り出してしまった。

くどいようだけれど、三波春夫が「お客様は神様です」と言ったのは、
まず、客と売り手は対等な関係であるという前提があって、
それが当たり前だと考える日本人が大多数だった時代に、
あえて逆説的に、

「決しておごり高ぶることなく、お客様を神様と考えて、いっそうの精進に励む」

という芸で身を立てる人間の心意気を表現した言葉であり、
それをお笑い芸人が、

「こちらも芸で身を立てていますので、お客様は神様でございますよ」

と客を持ち上げて笑いを取るのに使った、と言うだけの話である。
当時の客は、自分が神様だとは思っていないので、

「こんにゃろ、心にもないことを言いやがって」

と、その調子の良さを笑ったのである。
ところが、言葉があまりにも完成されて、慣用句としてよく出来ていたために、
その来歴を知らない世代が「客は神様なんだ」と勘違いしたために、

「おい、そこの店員!客に対してその態度はなんだ、もっと奴隷のように仕えろ」

とおかしなことを言い出すようになってしまったのだ。
もちろん、態度の悪い店員というのはいるし、それに文句を言うのは当然だ。
けれどそんな場合でも神様のように尊大な態度で店員に教えを垂れるのは、
大人としてカッコ悪いと思う。

人に教えを垂れるならば、そこに愛情がなければならない。
古いの暖簾の老舗には、そこをひいきにする常連客がいて、
長い間に培った店と客との信頼関係がある。そういう所の客ならば、
「おまえさん、この頃少し態度が良くないよ。直した方がいいよ」
と言葉をかけるのも粋である。

牛丼屋のバイト相手にまなじり上げて喧嘩腰になるのは、どうしょうもなくカッコ悪い。
止めた方がいい。

店側の方でも、お客様へのサービスは本店からの至上命令だから、
逆らえないという事情もある。
マクドナルドに昔気質の職人のバイトがいても面白いと思うのだけど、
そういう「勘違い」の人は客のクレームで淘汰される運命にある。
これが昭和なら、店の方で客を教育するということもあったのだけど、
一流の料亭ならともかく、ファーストフードの店でそれは出来ない。
そして、若い世代は一流の料亭なんてものにば行かないので(僕も行かないけど)
ますます客の方までジャンク化していくことになる。
ジャンク化した客が「お客様は神様だ」という言葉を曲解して世にはびこらせる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

また三波春夫かよ、と言われそうですが、
「お客様は神様です」
という例の言葉が妙にひっかかるらしく、何度か書いたり破棄したりしています。
お店側の人間としては、これはありがたい金言です。
接客の心を一言で言い表している。
でも自分は実家が食堂でしたし、バイトで接客業をすることも多かったので、
どうしても神様でないお客様が目に入ってしまう。
出前のバイトで中華丼にウズラの卵が入っていると言って怒られたこともあります。
「こんなの普通入れないでしょ!」

これはでも、クレームしてくれた方がありがたい案件ではあります。
ラーメン屋のおじさんというのはすごいもので、
昼の稼ぎ時に大量に入ってくる注文を順番通り記憶して、
しかも客の好みまでほとんど頭に入っているのです。
「ウズラの卵で怒られました」
と報告すれば、
「そうか」
と呟いただけで、次にはその客に卵抜きの中華丼を出してきます。
こういう職人的な能力には憧れます。
記憶力もですが、客をあくまで立てる姿勢にはやはり、学ぶところが多いです。

「お客様は神様です」という言葉は、
こういう方が口にしてこそカッコいい言葉なんだと、僕は思うのですよ。

P1010376

招き猫が寿司屋の二階にいた。

« 敗者復活 その2 | トップページ | 敗者復活 その4 »

出前の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1669327/54167467

この記事へのトラックバック一覧です: 敗者復活 その3:

« 敗者復活 その2 | トップページ | 敗者復活 その4 »