無料ブログはココログ

amazon

  • PCソフト
  • DVDベストセラー
  • ベストセラー
  • ウィジェット

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月28日 (月)

ドラマは4話目!

本日もドラマ「鉄子の育て方」がメ~テレさんで放送されます。
名古屋圏の方は、是非ともご覧くださいませ。

四話目はエアトレインの話です。
ギターサウンドを人間の肉体のみで表現するのがエアギターであるように、
鉄道を全身で表現するのがエアトレインだと思います。
漫画版では「絵で表現するのは難しい」という理由で今のところ手を出していませんが、
ドラマは音が出せますので、エンターテイメントとして面白いものになりそうです。

さて、「いすみ鉄道編」は前後編で既に放送されましたが、
このいすみ鉄道編は漫画版では既に掲載されております。
その、漫画版の鉄子の育て方について少しコメントします。

いすみ鉄道は「ムーミン列車」が有名でして、
作者のトーベ・ヤンソンさんの著作権管理者の方の許可の下、
車体にムーミンの絵が描かれている電車が走っています。

僕は第一次のムーミン世代でして、キャラクターはだいたい知っています。
だから、列車の中の壁にミイとかを見つけて結構テンションが上がっていました。
スナフキンも大好きです。男なら誰しもスナフキンの生き方に憧れたもの。
自分の子供の頃の将来の夢はスナフキンのように生きることと、
「できるかな」のノッポさんの二代目になることでした。なんじゃそりゃ。

P1040900
可能な限り消してみた。

で、写真もいっぱい撮ってきたのですが、まあ、著作権の関係で使えないわけです。
大原駅から電車に揺られて大多喜駅に向かう途中、
沿線に住民の方がムーミンたちを配置してくださっているのですが、
著作権は業界の掟なので、使えません。
……それでも結構撮りまくりまして、作画資料にならない僕の思い出が増えました。

漫画の中でもムーミン列車は出てくるのですが、当然キャラクターはぼかしてますし、
名前も極力出さないようにしています。
個人的にはスナフキンを描きたかったのですが、それも我慢してます。

「これドラマでやるの大変じゃないかな」

と取材中も思っていたのですが、ドラマではキャラクターの部分を上手に隠していました。
俳優さんの頭が絶妙な位置でかぶさっているところでは、
「上手い!」
と思わず手を打ってしまった。

P1040869
ムーミン消してみた。

キハ52について。大多喜駅の車両基地を取材させていただきました。
編集さんたちと取材に行ったときはキハ52はタラコ色に塗装前でした。
だから、かいじ君が感激していたタラコ色の車両は想像図です。

P1040997
一日の仕事を終え、車両基地に戻ってきたキハ52.

塗装する場所についてですが、
いすみ鉄道本社の親切なお兄さんに、
「車両基地の前にやぐらを組んで、そこで塗装します」
と教えていただきました。
「やぐらを組むのか、そこを描くのは大変だな」
としばらく考えたのですが、
「いやいや、塗装後にやぐらから車両基地に戻したという設定でいいじゃないか」
とひとりで納得し、そのように描写しております。

取材は原案・監修の山守さんと編集部の方たちとご一緒しました。とても感謝。
それに何より、こころよく取材にご協力くださったいすみ鉄道のみなさまに感謝です。

Img012
漫画版の鳥塚社長。ドラマ版は夏川純さんが演じてました。

2014年4月 9日 (水)

桜と上野

月刊ヤングマガジン誌にて「鉄子の育て方」連載3話目掲載です。
三重県の三岐鉄道北勢線を取り上げています。

P1050393

原作を標榜していながら、ドラマの制作と追いかけっこなのですが(笑)、
この段階まではかわすみが少しリードで、撮影より先に取材をさせていただきました。
大泉駅のうりぼう様では、
「漫画家です。写真を撮らせてください」
という例の羞恥プレイをやりました。
あれは、恥ずかしい。

北勢線ではいろいろな方にお世話いただきまして、楽しい取材が出来ました。
眼鏡橋で楚原からの電車の時間を教えてくれた鉄ヲタの人、ありがとうございます。

P1050406

眼鏡橋はコンクリートのブロックを積み上げた古い橋で、
建築学的にはとても珍しく、史跡となっています。
列車もここを通る時スピードを落としてました。
おかげで、僕のようなカメラ素人でも楽に撮れたんだな。

雑誌の目次ページの作者コメントで迷子になったことを書きましたが、
自分はガラケー使いなので眼鏡橋からの帰りに迷子になりまして、右往左往しました。
GPS機能が欲しいと心から思ったわけです。

んで、話は変わりますが、東京はこれから花盛りのシーズンになります。
桜は見ごろを過ぎましたが、これからつつじ、菖蒲、藤と、いろいろ見ごろを迎えます。
僕は五月生まれという事もありますが、このあたりの花が好きでして、
今年はなるべく花見に回ろうかなと考えております。

それで手始めに上野の桜を見ておこうかと思ったのです。
ちょうど吉村昭の「彰義隊」を読んでいるところで、その影響もあるのですが。

例の高村光雲作の西郷隆盛像を見てから、彰義隊の「戦死之墓」に頭を下げ、
少し山を下って桜並木に突入しました。
中国の方をはじめ、外国からの観光客がものすごく多かったです。
みなさん桜を見に来たのでしょうね。

ブルーシートを広げて場所取りしている人や、盛り上がっている学生さんたちも、
結構いました。
でもゴミを捨てるスペースが等間隔に並んでいて、それが何とも臭かったです

上野と言えば、聚楽台でして、
小山田いく先生の漫画「衆楽苑」のモデルになっていたりしました。

P1050739

衆楽苑は、北の玄関口である上野駅に近い飲食店を舞台に、
地方から東京に来ている人たちの人間模様を描いた作品です。
駅と人、人間ドラマ、とても勉強になります。
(実はすくらっぷ・ブック以来の小山田ファンだったりします)
(星のローカス大好きです)
(でも単行本弟に持ってかれたのでずっと読んでない)
(それはともかく)
西郷さんの下にあった店は何年か前に無くなったんですよね。
以前あそこには古本を並べてるジャンクな店があったりして、
けっこう怪しい感じの場所だったのですが、
今はなんだかオシャレになってしまって僕は寂しいです。

あの頃の聚楽台は、店の中が赤い升で仕切られている感じで、
秀吉の聚楽第を演出してるっぽかったです。
名物は「西郷丼」といういかにもなもので、
九州名物をとりあえずぶち込んでみました、というアバウトさが、
個人的に大好きです。
僕、おのぼりさんですし。
写真は10年前に聚楽台で食べた西郷丼です。

P1000479

で、今回もアメ横の方のじゅらくで食べてきました。
本当は海鮮の方が食べたい気もしたのですが、
なんか、ここまできたらトコトン付き合おうという気もしたのです。

P1050698

うん、盛り付けは前の方が好きです。
西郷どーーーん!って感じで。

アメ横は、昔に比べて外国の観光客が増えました。
まあ、昔も中東系の人がいたりして、
公園の方で怪しいものを立ち売りしているイメージでしたが。(二十年前ね)
魚屋の前で白人の御婦人が魚をパシャパシャ撮ってました。
……珍しいのかな。

アメ横と言えば居酒屋大統領でして、
酒飲みの親父たちでいつもごった返しております。
二十代の頃から、いつかは自分もああして昼間から酒を飲む親父になりたいな、
なんて考えていたのですが、いまだに果たせません。
あの店で飲んでる親父たちの達人のオーラって何なんだろう。

取りあえず思いつくままに書いてみました。

2014年4月 7日 (月)

放送日

4月7日月曜日、深夜0時20分より、メ~テレで、
ドラマ「鉄子の育て方」が始まります。

関東地区は放送されないようなので、
名古屋の弟にお願いして、今日録画してもらう段取りになっています。

名古屋出身の自分がコミックの作画をさせてもらっているのというのも、
奇しき因縁というものでしょうか。ありがたいお話です。
漫画をお読みくださっている方も、もし視聴可能なら是非ご覧くださいませ。
漫画版と基本路線はほぼ同じです。
二郷あずさが女子アナの夢破れ、ヲタクの巣窟である鉄道テレビに入るのが一話です。

よろしくお願いします。

Img001

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »