無料ブログはココログ

amazon

  • PCソフト
  • DVDベストセラー
  • ベストセラー
  • ウィジェット

« 消しゴム | トップページ | 学祭 »

2015年7月20日 (月)

怪奇大作戦

うちの本棚には岸田森さんの食玩フィギュアがあります。

アシスタントの方にいただいたものなのだけど、
出来はともかく、好きなのでずっと飾ってあります。

見る人が見れば一発でわかると思うのですが、
実相寺昭雄監督の「京都買います」のあのシーンです。

P1100254

P1100259

あ、だんだん思い出してきた。
アシスタントさんと幻の「狂鬼人間」の回の話をしていて、
「見たいならyoutubeで観れますよ」
と教えてもらったんだ。
その流れで、僕が岸田森さんが好きだと発覚し、
「あげますよ」
とプレゼントしてもらったんだ。

僕は、さすがに「怪奇大作戦」はリアルタイムでは観ていません。

僕がリアルタイムで観た円谷作品は「帰ってきたウルトラマン」あたりで、
幼稚園児だとさすがに「怪奇大作戦」は観てないと思います。
(帰ってきたウルトラマンも岸田森さん出てたな)

実際に観たのは、名古屋の中京テレビで実相寺昭雄特集をやったときで、
高校生か大学生の頃、ずいぶん遅かったのです。
でもおかげで、番組のエンディング曲だったフィルコリンズの
「イージーラバー」
は大好きな曲で、いまだによく聴きますし、
聴いている間は「怪奇大作戦」の名場面が浮かんできます。
特に「呪いの壷」の回のお寺が焼ける有名な特撮シーン。
あれをバックにイージーラバーが流れてたんだよな、中京テレビ。
(エンディングのキャストテロップのところですよ)

あの頃の中京テレビは深夜にマニアックな番組をよくやっていて、
大竹まことさんで「秋の夜長のビートルズ」だったかな、
あれも奇妙でビデオに録って繰り返し観ていました。
弟に取られちゃったけど。

怪奇大作戦とはまったく関係のない話なのですが、
局のプロデューサーだか演出家の方がビートルズの曲のMTVを勝手に作るという、
とんでもない企画で、合間に大竹まことがブランコを漕いでいたっけ。
あの番組のおかげで、「ノット・ア・セカンドタイム」を聴くと、
「OH YOU~」のところでポットでお湯を注ぐシーンが浮かんできます。

大迷惑。

昭和天皇の様態を知らせる「脈拍ーー」とか言う、あの時代の人ならさんざん聞かされた、
あのフレーズも、どれかの曲に無理やり挿入されていたっけ。「ディス・ボーイ」かな。
「イエス・イット・イズ」かもしれない。
あと、「アイム・ルッキング・スルー・ユー」の女の子がなんかかわいかった。
おかげでこの曲も聴くたび80年代ファッションの女の子が駆け回ってる映像が浮かぶ。

これは、まあ、ありがとう。

ことほど左様に、映像というのは頭に焼き付くものなのですが、
怪奇大作戦も、印象的な場面が多く、
例のお寺が焼けるシーンは、イージーラバーの音楽とともに、
やたらぎらぎらと蘇ってきます。

実相寺作品の見どころは、その画面構図の大胆さ、
岸田森さんの表情を撮るうまさ、
人間の哀しさの表現、かな。
「呪いの壷」だと、テレビ作品だから役者さんのアップが多いんだけど、
その背景にまで神経が行き届いていて、
不思議な奥行き感があったりします。
40年くらい前の映像だから、冒頭はさすがに古いかなと思うのですが、
見ているうちにどんどん作品世界に引きずり込まれていきます。
そして、終わった後の何とも言えない余韻。
ああ、これを味わいたくてこのドラマを見たんだよな、って気になります。

実相寺作品の「呪いの壷」も「京都買います」も、
これから放送される作品だと思いますので、
「鉄子の育て方」をお楽しみいただいたあとは、是非。

« 消しゴム | トップページ | 学祭 »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1669327/60812503

この記事へのトラックバック一覧です: 怪奇大作戦:

« 消しゴム | トップページ | 学祭 »