無料ブログはココログ

amazon

  • PCソフト
  • DVDベストセラー
  • ベストセラー
  • ウィジェット

« 2015年7月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月14日 (月)


栞を作りました。
本に挟むやつです。
この頃は若いころのように一気に本を読むこともないので、
割と必需品。
どこかに売ってないかと探したけど、なかなか見つからないので、
自分で作ってみました。

P1100273


画題は江戸初期の女流俳人で、秋色という方。
たまたま読んでいた本に、そのエピソードが載っていて、
なんか気に入ったのでそのノリで描いてみました。

江戸の上野の山に清水寺があるのだけど、
そこを寛永寺の貫主、輪王寺の宮が散策しておられた。
輪王寺の宮というと、僕は戊辰戦争の時の輪王寺の宮を思い出すのだけど、
これは江戸初期の話なので、その当時の輪王寺の宮様なわけです。

上野の山は今でも桜の名所で、春には花見客でにぎわうのですが、
当時もやはり、山桜や枝垂桜のきれいな散策スポットでした。

それで、輪王寺の宮がふと井戸端の枝垂桜をご覧になると、
たくさん吊るされた短冊の中にこんな歌がありました。


 「井の端の 桜あぶなし 酒の酔」


見事な手跡だったので、誰が書いたものかを御尋ねになると、
菓子職人の娘で、十三歳の秋色であった、というお話。
それで、そこの桜は秋色桜というようになったとか。

秋色は俳人の其角の門人で、この其角はあの赤穂浪士で有名な其角さんだと思います。

のちのエピソードとしては、こんなのもあります。
さる大名のお屋敷に招待された秋色女史、その庭がとても美しいと評判なので、
「お父上に是非とも見せてあげたい」
と思いつき、自分の従者に紛れ込ませて、父親をそのお屋敷に招き入れました。

たっぷりと庭の景観を堪能した後、いざ帰ろうとすると雨が降り始めました。
秋色は駕籠で帰るのですが、父親は従者ですから、駕籠のわきで雨具を羽織っています。
これではあんまりにも申し訳ないと思った秋色は、
駕籠を降りてそこに父親を乗せ、
自分は雨具を羽織って駕籠のわきについた、とのこと。

親孝行な娘さんだったようです。

で、これを読んで「栞の画題はこれでいこう」と思いつき、
今朝作ってみました。

Photo


ほかにもいくつか考えてたんだけど、ほれ、
自分は外で本を読むこともあるので、忘れ物をしたり落としたりした場合、
画題によっては拾った方に人間性を疑われるので、
親孝行な娘さんにしてみました。

E1


E2


今朝はゴミ捨てに道路に出たら、カラスがゴミ袋を引っ掻き回してまして、
仕方がないので箒とちり取りを持ってきて、掃除をしていました。
そのあと、手をよく洗いまして、下書きにピグマでペン入れをしました。
なんか、風流じゃないけど、一日一善です。

2015年9月10日 (木)

学祭

先日、北陸のとある高校の学祭ポスターを描きまして、
学祭も大盛況のうちに終了した、と先輩様からお知らせいただきました。

実にめでたい。

画像は最後に乗っけます。この絵がポスターになったりパンフの表紙になったり、
縦横無尽に活用していただけたようで、絵描き冥利につきます。

石川県の銘酒「天狗舞」も美味しかったです。

自分も高校生の頃はやりましたよ、学祭。
クラスが一学年10クラスあって、A組からJ組まで、
長い廊下にずらっと教室がならんでました。
そこをお化け屋敷にしたり、喫茶店にしたり、
いろいろ展示したりしたんですよね。

一番印象に残っているのは演劇で、なぜか自分が責任者になってしまい、
授業中に脚本書いたりしてました。
演劇部の女の子がいてくれたので、彼女が演出だったかな。
配役を全部一年生で固めようとしたら、みんな嫌がりまして、
結局、自分が仮の主役で練習してたんだけど、
途中でうちの父親が入院する騒ぎがありまして、
その時点で美術部の部長に主役をバトンタッチ。

そのヤサブロウ君の演技がものすごくインパクトがあったため、
うちの演劇は十クラス中、見事三位に入賞し、彼は「主演男優賞」に輝きました。
体育館の舞台に上がった彼は、輝いていたなぁ。

あの時のことは、いろいろ記憶に残っていまして、
洋楽に詳しいS君が、練習中にラジオから流れてきた某「フォルティシモ」の、
例の派手なブラス(打ち込み)のイントロを聴いて、
「何これ!」
とラジオに駆け寄ったのですが、
ボーカルが流れたとたん、
「ちぇっ」
と舌打ちして自分のポジションに戻ったのが、妙に面白かった。

いや、僕は好きですけどね、ハウンドドック。(当時は新曲だった)

そのS君が、効果音全般を担当してくれたんだよな。
冒頭が嵐の演出で、緊張感が高まったところで、
「キャーァ!
と、女の子の悲鳴が響き渡る。

この悲鳴を練習するとき、一年生の女の子が、
「きやあ」
とふて腐れたような声しか出してくれなくて、
「真面目にやってください」
と注意しても、
「えーーいいじゃんこれで」
としか言わないので、本番はどうなるんだろうと思ったら、
本番ではしっかり悲鳴を上げてくださいました。

あと、ポスターも二枚くらい自分で描きまして、
廊下とかに貼りだしたりしてたんだけど、
一枚は実行委員が焼却炉に放り込みまして、
もう一枚の「会心作」も、
「俺、記念にもらっとくわ」
と、大道具の奴が持っていっちまった。

そんなこんなで楽しかった高校時代なのですが、
先輩が送ってくださった学祭パンフを見ると、
当時の気持ちが、ムラムラとよみがえってきます。

なんだよ、ムラムラって。

で、今回描いたのがこれです。
ミドリの生き物は学祭マスコットだそうで、
「是非入れてください」ってことで、これを中心に画面を構成しました。
あと吹奏楽がメインぽかったので、それをテーマにしました。
丸い空と下から見上げる構図は、若いころからの自分の定番。
女の子(なぜか二郷さんに似てる)のスカートが短い、との訂正が出たので、
拳骨一個分くらい、長くしてます。
画材はピグマ。
この頃インクのラインよりピグマのラインのほうが奇麗だと気が付きまして、
いろいろ練習しているのです。
色はパソコン。コミックスタジオでやってます。

Photo


なんか、学祭中には特設コーナーまで作っていただけたようで、
先輩さんには感謝しまくりです。
本当にありがとうございます。
写真、やばかったら削除します。

Img_3556


久々のブログ更新ですが、今回はこんな感じで。
なんかOSをウインドズ10にアップグレードしたらプログが入力しづらくなった。
戻したほうがいいかな。

« 2015年7月 | トップページ | 2015年10月 »