無料ブログはココログ

amazon

  • PCソフト
  • DVDベストセラー
  • ベストセラー
  • ウィジェット

« ピグマ | トップページ | 肉 »

2015年10月22日 (木)

色彩


この頃は絵に色を塗るのが自分にとっての流行りでして、
今回は「赤い絵が描きたい」と思い、
こんな絵になりました。
色から絵を考えたのは初めてかもしれない。
ずっと白黒の世界で生きてきましたから。

Photo

色を塗る画材というと昔は絵の具くらいしかなかったのですが、
この頃はパソコンで着色できるので、ずいぶん簡単になりました。
自分はかなり優柔不断で、一度塗った色をあとでいじりたくなる方なのですが、
パソコンは簡単に色の調節ができるので、便利です。

でも、ここまで便利だと、昔の人はやり直しがきかない一発勝負の世界で、
よくあんな絶妙な色使いが出来たものだと、無茶苦茶感心します。

世の中には、絶対音感とか、生まれついての特殊能力というものがありますが、
色についても、センスのいい人というのはやっぱりいます。
前にも書いたけど、僕には色のセンスはあんまりないです。
「自然界の色彩が目に飛び込んでくる!」
みたいな体験が、ほとんどない。
雨男なので、たまに海沿いの街に旅行に出かけても、
どんより曇った海景色ばかりで、
「美しい海の青さよ!」
などと叫ぶ機会がほとんどなかったりします。

ただ、物の立体感とか、手触りを紙の上に表現することばかりにこだわってきました。

ただ、夢なんかは色付きで見たりはするんです。
昔、知人と話をしているとき、
「緑色の透明な子供の夢を見た」
という話をしたら、
「なんでお前の夢には色がついてるんだ」
と返されたことがあります。その人はいつもモノクロの夢ばかり見ているそうです。

色彩感覚は、たぶん生活環境に影響されて育てられるものだと思います。
和服屋の子供が微妙な色加減に敏感になったりとか、とてもうらやましい。
自分にとっての色区分って、赤橙黄緑青藍紫の七区分だもんな。

カラー原稿で色を塗る場合、三原色で考えたりします。
印刷所が赤、青、黄色の三原色のインクをベースに印刷するために、
この三原色に近い色を塗る方が、印刷後の発色が良くなるからです。
プロの原稿を初めて見せてもらったとき、赤い色が強調されているのにビックリしました。
人物の影とか、ピンクに近いどぎつい色が使われていたりします。
それでも、印刷されると茶色になっていたりして、
色を塗る難しさに唖然とさせられたりしました。

今はどうなんだろう。印刷技術もずいぶん進化しているし、
パソコンで直接版を作っているから、色について昔のように
あれこれ悩まなくてもいいのかもしれません。

でも、考えてみるとパソコンのモニターにしたところで、どんなに技術が進化しても、
基本は三原色の混合で色を作り出しているわけで、
自然界の本当の色彩というのは、なかなか出せないような気もします。

自然の岩を砕いて絵の具を作っていた時代の方が、
色の世界ははるかにひろかったのかもしれません。
(今でもやってる人はたくさんいるけど)

絵の下書きが終わってから、「これ右にもなんか描けそうだな」と思いつき、
もう一枚描いてみました。

Photo_2


こんだけいろんな色があると、絵の具だと調整が難しいので大混乱を起こすのですが、
パソコンだと簡単に修正が出来るので、
なんかそれっぽい感じになります。
昭和のセンスが突き抜けて、明治時代の浮世絵みたいな感じ。

Photo_3


« ピグマ | トップページ | 肉 »

文房具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1669327/62166173

この記事へのトラックバック一覧です: 色彩:

« ピグマ | トップページ | 肉 »