無料ブログはココログ

amazon

  • PCソフト
  • DVDベストセラー
  • ベストセラー
  • ウィジェット

« すれ違い | トップページ | 2016年 申年 おめでとうございます »

2015年12月28日 (月)

年賀状

今頃年賀状を書いてます。来年は申年。僕は年男です。

毎年干支にちなんだイラストを描いているのですが、猿と言えばやっぱり孫悟空。どうせだから女の子の孫悟空にしてしまおうと考えました。この世の中で僕と同じことを考えた人が10万人くらいはいるんじゃないかな。

んで、最初に描いたのが女の子の孫悟空が如意棒を持ってポーズを決めているものなのだけど、なんかものすごくいやらしくなってしまった。自分くらいの年齢になると親戚縁者や少々お堅い方にも出しますし、小中学生の子供のいる家庭もあるので、肌の露出を隠したりもしたのだけど、なんかダメだった。

それがこちら。
02

描きながらどんなお話になるかいろいろ考えたので、それをイラストのコーナーに物語としてさらしておきます。題して「おっさん西遊記

ちゃんとした年賀状のは別に描いたので、来年ブログにさらします。これよりは健全なはず。親戚のお兄ちゃんにドン引きはされない……と思う。

最近思うのだけど、出来ることはどんどんやっておくべきだ。「もっと早くにやっておけば良かった」と思うことが僕にはあんまりにも多すぎる。今からでも、遅れを取り戻さないといけない。本当に、人生は短い。

あと、来年の正月二日にフジテレビで「大使閣下の料理人」の再放送をしていただけるそうです。お時間がありましたら観ていただけるとうれしいです。ただし関東圏が中心で大阪のほうではやらないみたいなので、ホームページ等でチェックしてください。

大使閣下の話。漫画の方だと小ネタがいくつかある。原作の西村さんに配慮しつつ、ちょっとだけ書いてみると、

●「大沢公」は最初の原作では「大沢晧」とかじゃなかったかな。当時の編集長の工富さんが変えたと僕は聞いてます。

●僕が西村さんに初めて会ったのはベトナムのハノイ。大使館の調理場でラジカセで音楽を流していて、「ロックな人だ」と思った。ブログを見るとやっぱりロックだ。

●単行本と文庫本の表紙の料理はすべて西村さんが作っている。僕の記憶に間違いがなければ講談社の撮影用調理施設。

●とある食品会社から広告に使いたいという話もあったけど、その週の掲載漫画がモロにその食品をディスるものだったので、話は完全に立ち消えになった。

●古さんのモデルになった人に会ったことがある。とても感じのいい、カッコいいひとだったのでデザインあれで良かったのか西村さんにお尋ねしたら「あれでいいです」と太鼓判を押してもらった。ありがとうございます。

●ホアのモデルはいると信じてる。作画の参考にしたのは西村さんがくださったベトナムの絵葉書。アオザイのベトナム美人がいっぱいいて、今でも大切にとってある。あれがなかったらデザインはたぶん違ってた。

ベトナムというと、ハノイの街を担当さんと歩いていたとき、担当さんがなぜか人民帽をかぶっていて、ベトナムのおばさんに注意されてた。ベトナムのおばさんはいい人だ。

お店でバインセオを注文したらお皿に山盛りの揚げ春巻きが出てきた。西村さんが「これは注文していません」と引き取ってもらってたけど、あんな山盛り食べられるわけがない。ベトナムのおばさんはちょっと怖い。

自分は腕の毛が結構濃いんだけど、ハノイの子供たちが珍しがってペタペタ触りに来てた。たぶんアジア系では珍しかったんだと思う。

湖の近くでマップ売りの少年が「ナカタ!ナカタ!」と叫びながら地図を売りに来た。「地球の歩き方」を取り出して「持ってるからいらない」と言っても「ナカタ!ナカタ!」だった。

なんかいろいろ懐かしかったので書いてみました。

« すれ違い | トップページ | 2016年 申年 おめでとうございます »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1669327/63196756

この記事へのトラックバック一覧です: 年賀状:

« すれ違い | トップページ | 2016年 申年 おめでとうございます »