無料ブログはココログ

amazon

  • PCソフト
  • DVDベストセラー
  • ベストセラー
  • ウィジェット

« 2015年12月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年1月

2016年1月15日 (金)

激動の2016年


まだ2016年が始まったばかりだというのに、
連日大きなニュースが続きますね。

年末に名古屋で紅白歌合戦を観ているとき、
「ゲスの極み」が出てきて、
この人ら、なんでこんな名前にしたんだろうと弟と話していたら、
全然名前負けしていなかった事件とか、
それを一発で吹き飛ばしたSMAP解散?報道とか。

デビット・ボウイ死去の報道にもびっくりしました。
僕は「レッツ・ダンス」でようやくリアルタイムだった世代。
あとでベスト盤やらなんやら数枚聞きかじった程度なんだけど、
ひとつの時代が終わったなと、思わす月並みな言葉を呟いてしまいます。

個人的には作曲家で指揮者のピエール・ブーレーズさんの死去にもびっくりしました。
今、その方指揮のマーラーの交響曲を聴いてひたっております。

北朝鮮の水爆実験も衝撃的でした。
というか、これが一番大きなニュースだね。読売新聞一面の見出しの文字がデカかった。
最近、自分の父親についてあれこれ調べていて、
「この人、なんで島根から名古屋に出てきたんだろう」
と考えていたら、一番近い就職口だった広島が壊滅していたからじゃないかと、
ハタと気が付いたわけです。
昭和11年生まれで農家の末っ子ですから、自立するためには大阪か名古屋か、
復興の早かったところになるのは、自然と言えば自然なのだ。

この父親が、もう亡くなっているので本当のことはわからないのだけど、
原爆の落ちたとき、山の向こうが光ったと、言ってたことがあった。
いや、それはないだろうと思ったのだけど、どうなのかな。

正月に実家に帰ったとき、古いアルバムを引っ張り出してスキャンしてたんだけど、
こんな写真があった。昭和44年撮影らしい。

Img035

「ママがお昼に帰ってみると押し入れからはこを出してたのしそうにあそんでいます」

とキャプションがついていた。(ママなんて呼んだ覚えないんだけど)
それはともかく、これ「寿がきや」の箱じゃん!
なんで今まで気が付かなかったんだろう。
名古屋で生まれ育った自分には、ちょっとうれしい発見なのでした。

それで、ウイキペディアを調べてみたんだけど、
寿がきや食品が会社を立ち上げたのが1963年だったそうで、結構古い。
それどころか、世界で初めてラーメンのスープの粉末化に成功したのが、

「寿がきや」

なのだそうです。さすが名古屋の希望の星。
創業者が菅木(すがき)さんというから「寿がきや」というのは、
年末に弟と話していて初めて知った。疑問に思ったこともなかったけど。

名古屋の「ソウルフード」ともいわれる「寿がきや」のラーメンですが、
同じく愛知県発祥の「カレーハウスCoCo壱番屋」のように、
世界レベルで店舗展開してくれるとうれしいんだけど、難しいかな?

とりあえず思いついたことをダラダラと書いてみました。


2016年1月 2日 (土)

2016年 申年 おめでとうございます

今年一年がみなさまにとって良い年になりますように。

東京駅はものすごい人でごった返してました。みんな大きなカバンをゴロゴロやってるから足元が結構大変。あと、白い破魔矢持ってるご年配の方が何人かいました。あそこだけものすごくお正月っぽかったです。

今年の年賀状のイラストはこんな感じでした。

Photo

今年もよろしくお願いします。

« 2015年12月 | トップページ | 2016年3月 »