無料ブログはココログ

amazon

  • PCソフト
  • DVDベストセラー
  • ベストセラー
  • ウィジェット

« SFとは宇宙海賊の独断場 | トップページ | 七夕 »

2016年6月25日 (土)

昭和人情食堂2号目


本日、弐千壱拾六年六月二十五日、ぶんか社様から「昭和人情食堂」が発売されます。
VOL2です。お弁当と丼物がテーマで、自分も丼物の方で描かせていただきました。
全国のコンビニで発売、あとデジタルでもお買い上げのうえ、読むことができます。

P1100549

友達から急行列車「はまなす」のグッズを送っていただきました。
感謝感激。
このヘッドマークって、ものすごく昭和の匂いが漂ってきますよね。
オレンジと青の配色にその秘密があるのだろうか。
青い空にミカン畑とか、南の海にハイビスカス……(はまなすだっての)

緑、橙、山吹色の配色は、江戸の浮世絵の定番だったりする。
なんせ、大量に版画を刷るとき、一番手に入りやすい絵の具だったから。
強いピンクもペルシャンブルーも、まだ科学的に合成されていなかったので、
江戸の安価な浮世絵なんかは、たいていこの配色で色付けされている。
その伝統は、印刷の技術水準が爆発的に向上する昭和の50年代くらいまでは、
しぶとく残っていたはず。
土産物屋の包装紙、駅弁のフタ、そのあたりには使われていたわけで、
そういう懐かしさが、この「緑、橙、山吹色」の配色にはあるように思われる。
そこにさっと海からの青い風が吹き抜ける。

まあ、妄想もたいがいにしておけって話ですが、
自分はこのヘッドマークにはものすごい郷愁を感じるわけです。

東京は雨の日続きで、お日様がなんだか恋しい今日この頃。
イギリスはEU脱退が決まって大混乱に陥っているし、先行きは不透明なのですが、
「オリンピックはちゃんと開催されるのか」
とぼんやり考えながら、今日もヒンズースクワットに精を出すのでした。

« SFとは宇宙海賊の独断場 | トップページ | 七夕 »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1669327/66202020

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和人情食堂2号目:

« SFとは宇宙海賊の独断場 | トップページ | 七夕 »