無料ブログはココログ

amazon

  • PCソフト
  • DVDベストセラー
  • ベストセラー
  • ウィジェット

« 七夕 | トップページ | サイダー界の長老 »

2016年7月10日 (日)

食べ物の話

どうでもいい話なんだけど、刺身を食べるとき山葵は「溶く派」か「付ける派」か。

子供のころは親戚の集まりがあると、出前のお寿司を子供用と大人用と用意してある。
小学校の四年生くらいだったかな、同年代の子供が多かったので、
お寿司はあっという間に無くなってしまう。
それで、食いしん坊の自分は「僕、山葵平気だよ」と言って大人用を食べてた記憶がある。
実際、山葵はものごころついた頃には普通に食べていた気がする。

で、名古屋出身で島根と三重のハイブリットの自分は、山葵は醤油に溶いて食べていた。
というか、それ以外の食べ方があるなんて考えてもみなかった。

だから、大人になって刺身に山葵をほんの少し載せて食べる人を見たとき、
「うわあ」
と思った。
山葵のツーンとした刺激が強すぎて、刺身の味がしないような気がしたのだ。

まあ、世の中には山葵が大好きという方もいらっしゃる。
寿司屋でご一緒させていただいた「鉄道大好きYさん」が、山葵を丸ごと頬張って、
「うめぇーーーー」
とやっていたときは、宇宙人を見るような目で見てしまった。

で、浅学な自分はいったいどちらが正しい食べ方なのかずっとわからなかったのだけど、
江戸文化の本を読んでいたら、その解答らしきものがあった。
あくまでその本の著者の見解なのだけど、

「上方(大阪方面)はたまり醤油なので刺身に山葵をのっけて食べていた。
江戸っ子はそんなことはしない。江戸の醤油は刺身に向いているので、
醤油に山葵を溶いて食べるのが当たり前」

とのことらしい。上方の人が聞いたら怒り出しそうだけど、まあ、そういう見解もある。
だから、江戸前の刺身なんかは醤油に山葵を溶いて食べたほうが良さそうだ。
まあ、Yさんのような「山葵ラブ」な方は、身にたっぷりと山葵をのせるのもアリ、
なんだろうけど。

この本には他にもいろいろ面白いことが書いてあって、
「そうめんや冷や麦は、つけ汁にからしを溶いて食べるのもオツである」
とあったので、実際に茗荷とからしで食べてみたら、結構おいしかった。
で、蒸し暑い最近はそればかり食べている。

名古屋人の自分が東京に来て、食文化の微妙な違いに驚くことは多い。

例えば「みそピーナツ」。
ピーナツなんて炒って食べるかピーナツバターにするか、
あとは砕いて唐揚げの衣に混ぜるくらいしか思いつかないけど、
(あと、エスニック料理のたれに使うという手もあったな)
千葉の方では落花生が地元の名産品だからなのか、それを味噌で和えたものが、
スーパーで普通に売られている。それも、佃煮とかのコーナーに。
これが朝食に普通に出てきて、ご飯にのせて食べているのを見たときは、
「へ?」
となった。名古屋時代にはそんなもの食べたこともなかった。
今では自分も普通に食べるけど、やっぱりご飯にのせるのは「違う」気がして、
お酒のおつまみとしてチョイチョイつまむ感じだ。

「どじょう」も、名古屋では食べたことがない。
魚屋の店先で大きな樽にいっぱい泳いでいるのを見かけると、
「なんじゃこりゃ」
となる。
たぶん、泥臭さを抜くために流水にさらしているのだろう。
なんでも、これを豆腐と一緒に土鍋に入れて煮込むと、
「どじょう」が豆腐の中に逃げ込んで、勝手に「どじょうの豆腐和え」状態になるとか。
自分はやったことがないけど。
友達と飲んでるときに、その人が注文した卵とじを脇から失敬したことがあるけど、
自分が「どじょう」を食べたのは、そのとき一回くらいかもしれない。

春先の「しらうお」は、将軍家への献上品だったこともあってか、
桜の季節になるとスーパーに大量に出回る。これは毎年必ず食べる。
けっこう好き。
透明な小さい魚がいっぱい盛り付けられている。
寿司だと軍艦巻きになるのかな。
どちらかというとチマチマ醤油につけて食べる方がおいしい気がする。

東京名物で自分が「おいしい」と思ったのは「べったら漬け」だったりする。
大根をお米や麹なんかで甘く漬け込んだもの。
「たくあん」より好きだった時期がある。
ウィキベディアで調べてみたら、徳川慶喜公が大好きだったらしい。
なんか「徳川慶喜家の食卓」という本があるようなので、そのうち買って読んでみよう。
自分は「たくあん」のノリで細く切り刻んでいたけど、
どうもそれは「田舎者」のやらかすダメな切り方だそうで、
「べったら漬けは口いっぱいに頬張れるくらい太く切らなくてはいけない」
というルールがあるらしい。確かに、その方がジューシーな感じはする。
同じことを「たくあん」でやったらすぐにご飯をかき込みたくなるだろうけど、
「べったら漬け」なら、そのまましばらくポリポリ楽しめそうだ。
なんせ甘いから、あれ。

思いついたことをメモ書きしてみました。

« 七夕 | トップページ | サイダー界の長老 »

コラム」カテゴリの記事

コメント

石川県(金沢周辺?)には「どじょうのかば焼き」が売ってます。
べったら漬けが好きなら「かぶら寿司」「大根寿司」(漬物)
もいけるかも~。
暑いけど、体に気を付けてね~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1669327/66431606

この記事へのトラックバック一覧です: 食べ物の話:

« 七夕 | トップページ | サイダー界の長老 »