無料ブログはココログ

amazon

  • PCソフト
  • DVDベストセラー
  • ベストセラー
  • ウィジェット

« 磨く | トップページ | 八つ墓村2 »

2016年11月27日 (日)

八つ墓村


久しぶりにブックオフに行ってみた。

テレビで映画「八つ墓村」を観て、原作を読んでみたくなったのだ。

……と、ここから100行ほど映画版「八つ墓村」への熱い思いを書いていたら、
文章ソフトがフリーズして文章が消えてしまった。
なんか、ウインドウズ10との相性が悪いのか、今までに三回ほど文章が消えている。
マメに保存しないとダメだね、これは。

昭和52年公開の「八つ墓村」は「祟りじゃ~」のCMで大ブームを巻き起こした。
ドリフターズのパロディ、「ひぇ~ひぇ~」もなんだか懐かしい。
白装束で両手を垂らした志村けんの姿は、
マイケルジャクソンの「スリラー」のPVを思わせる。
もちろんドリフの方が先なんだけどさ。

金田一耕助役が石坂浩二でも古谷一行でもなく、なぜか「渥美清」ということで、
「なんで寅さんやねん」
と当時小学生だった自分には不評だったけれど、
見返すと、予想外にはまり役で、
「八つ墓村」の金田一耕助は渥美清以外には考えられないってくらい、名演だった。
あ、豊川悦治さんの映画版は観ていないので、そこはご勘弁。

横溝正史の推理物は陰惨なイメージがあるので、金田一役には明るい感じが求められる。
コミカルな石坂浩二風、頼りない感じの古谷一行風、
そこに、飄々とした笑顔の底で人間の愛憎劇を冷静に見つめる渥美清の演技は、
また違った味わいがあって、素晴らしいと僕は思う。
ご本人の人柄なのだろうか、仕事で人と接するときも自分もあんな感じでありたいなと、
ちょっと思う。決して怒らず、
仕事に対して真摯であれば、周囲との衝突に目くじらを立てることなんてあり得ないのだ。

あと映画音楽が素晴らしかった。作曲は芥川也寸志だ。
……と、ここで芥川氏の音楽について語ろうとしたらまたソフトがフリーズした。
今回は文章を保存してあったので、音楽の素晴らしさについてはまた別の機会にまわして、
文章を先にすすめる。

で、ブックオフに行った。有名な作品だし、原作は必ず見つかるだろうと思ったけど、
見つからなかった。
近所の本屋は壊滅してしまったし、もう少し足を延ばして要町のブックオフとか、
いっそ池袋の本屋で買ったほうが確実かもしれない。

仕方がないのでしばらく店内をぶらぶらと見て回った。
土曜日ってことでお昼なのに若いお客さんが多い。
だいたいが漫画のコーナーに集まっているので、そこはなんとなく避ける。

漫画はブックオフで買ってはいけないと、商売柄ちょっと思う。
若いころは古本屋巡りで貴重な漫画作品を大量購入した自分だけれど、
新古書店が漫画の新刊を安易に売りさばいたために起こった悲劇を思うと、
ちょっと買いたくはなくなる。
作者の懐に何らの益ももたらさない売買というのは、古いものならともかく、
発売数か月の作品だと、めちゃくちゃ困る。

それで一時は出版社や作家連合がガイドライン作りに必死で取り組んでいて、
自分もなにやらいろいろサインをした記憶があるので、
「新古書店の漫画」イコール「買っちゃダメ」
というイメージが、なんとなく刷り込まれてしまった。

もちろん新古書店がまったくの悪というわけではなく、
知的財産としての書籍が廃棄されることなく人々の手にわたるのはものすごくありがたい。
ある意味、本を救済してくれる慈善団体という側面もあるのだ。

それでも、漫画に関しては自分は新古書店では買ってはいけないとなんとなく思う。
たとえ手に取ったとしても、
「自分が払ったお金は作者の懐には入らないんだよな」と、
どーしても考えてしまう。
逆に新刊本を買ってそれが面白かったりすると、
「自分が出したお金が作者の酒代の足しにくらいはなるかな」と、
一緒にお酒を飲んでるような楽しい気分になる。

他の小説や雑誌なんかは普通に古本屋で買っていたりするので、勝手なもんだと思うけど、
漫画に関してはかなり生々しくイメージ出来てしまうので、
僕はブックオフの漫画コーナーにはどうしても足が向かない。
あそこで作者と作品の名前を憶えて、普通の本屋で買ってくださる方も多いはずなので、
一般の方が利用するのは構わないんだけど、
自分はダメだ。

で、文庫本のコーナーをしばらくブラブラとする。新潮文庫が棚の大半を占拠する状況は、
昭和の昔と何も変わらない。作家のラインナップはずいぶん変わったと思う。
赤川次郎のかわりに宮部みゆきさんとかが場所をとってる。
村上春樹が想像以上に幅を利かせていてびっくりした。
僕が初めて読んだときはまだノルウェイの森以前だったから、羊三部作くらいだった。
あの青臭い青春をオシャレにラッピングした作品は、なんか好きだったな。
ノルウェイで「蛍」という短編がエロ小説みたいになったのが不思議。

時代小説がやたら目につく。
ここも栄枯盛衰が激しい。
池宮彰一郎さんの作品とか、好きだったけど、パクリ問題で回収騒ぎになって、
そのあとすぐにお亡くなりになったのだ。
なんか「潰された」って感じがして、僕はかわいそうだな、もったいないなと、
ずっと考えている。
自分ちの本棚には「四十七人の刺客」と「島津奔る」なんかが今でも置いてある。

岩波文庫のコーナーはなんか昔とあんまり変わらない。
薄紙を巻いた茶色の背表紙を見かけなくなったくらいかな。

結局、本は何も買わずにブックオフを後にした。

出版不況で新古書店もなかなか経営が厳しいみたいな話だけど、
漫画を安価に売りさばいて異常増殖した部分は、まあ消えても仕方がないのかなと、
割と冷酷に考えてしまう。

古本屋は本を愛する人間のための憩いの場所であって欲しいと、
昭和生まれのおっさんはまたまたポエマーな言葉を残して文章を〆るのであった。

« 磨く | トップページ | 八つ墓村2 »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1669327/68602321

この記事へのトラックバック一覧です: 八つ墓村:

« 磨く | トップページ | 八つ墓村2 »