無料ブログはココログ

amazon

  • PCソフト
  • DVDベストセラー
  • ベストセラー
  • ウィジェット

« 忠臣蔵 | トップページ | 2017年 »

2016年12月26日 (月)

昭和人情食堂No.5

今日あたりから「昭和人情食堂 No.5鍋料理編」がコンビニで発売されているはずです。
僕の漫画も掲載されてます。諸先生がおいしそうな鍋料理についてご紹介されている中、
箸休め的なポジションを嬉々として楽しんでおります。
「なんで大学イモ?」
って話なのですが、僕がサツマイモを食べたかったからです。
他には何も考えていない。
たまたま近所のスーパーで一個100円で売っていて、
「安い!」
と思って買い込んでしまった。
で、いろいろ調理法を試してみたのだけど、
結局、「焼き芋」というのがこの食材の最高においしい調理法だと思い知りました。
焼いた石に埋めて遠赤外線でじんわりと甘みを引き出していく、
自分ちじゃ出来ないので売ってるのを買ってきたんだけど、
下手なパティシエのお菓子より数段上の甘味だと思いました。
女性が夢中になるわけだ。

自分が子供のころは名古屋で有名な焼き芋屋さんがおりまして、
チリンチリンとベルを鳴らしながら屋台を引っ張っていました。
つば付き帽をかぶった小柄なおじさんだっけ。
夏は屋台に赤い文字で「みたらしだんご」と書いて「みたらし」を売ってたんだけど、
冬場は石焼き芋を売っておりました。
有名人ですから、当然小学校でも話題になる。
「知ってるか?あのおじさんは守山区に豪邸を持ってるんだぞ」
って都市伝説もあった。大金持ちが趣味で焼き芋を売ってるって設定なんだけど、
実際のところがどうだかは知らない。
ただ、一度テレビを見ていたら名古屋駅前で屋台を引いている姿が映って、
「地元の有名人」ってことでインタビューに答えていらしたんだけど、
自分ちから名古屋駅までかなり距離があるので、
「あんなところまで屋台を流しているのか」
とびっくりしたことがある。
だから、あの当時の名古屋の人はみんなあのおじさんを知ってるんじゃないかな。

焼き芋やみたらし団子も買って食べたけど、当時の少ないお小遣いからだと、
「水飴」が多かったはずだ。
はじめて買った時の苦い記憶が残っている。
近所のお姉さんに「屋台買い」のレクチャーをされたのだけど、見事に失敗した。
おじさんが水飴の瓶の中に割りばしを突っ込んですくい上げる、
シロップをかけて手渡す。
「早く練って!」
とお姉さんがなんか焦ってるんだけど、僕にはよくわからない。
そのうち水飴がだらりと垂れてアスファルトに落下する。
なけなしのお小遣いが露と消える。
おじさんもお替りはくれないわけで、僕は身銭を切って水飴の食べ方を覚えたわけだ。
あの当時から市場に出回り始めた「チュッパチャップス」と違って、
屋台のお菓子はとてもスリリングなのだ。

今回の作中の屋台は、あの頃のおじさんの屋台を思い出しながら描いています。
舞台は東京だけど屋台は名古屋仕様。
ただひたすら描いていて懐かしかったのひと言です。

だから、本来なら焼き芋がメインの話なんだけど、
「大学イモ」も自分は大好きなので、そっちをメインに持ってきました。
実家の母がときどき作ってくれた。今回紹介させてもらったレシピとは違うので、
カリカリっとはいかなかったけど、甘いおやつは子供にはご馳走なのだ。

野菜が高騰しまくった2016年にあって、サツマイモは割とお買い得だったので、
正月のおせちに飽きたら、試してみてくださいませ。

糸魚川の大火事の話が合って、ずっとニュースをチェックしている。
えちごトキめき鉄道の取材で糸魚川に一泊しているので、
あのお寿司屋のお兄さんは大丈夫だったろうかと気になっている。
古い町並みも燃えてしまったみたいな話もあり、
雪除けの長いひさしが続く商店街の風景がどうなったか、心配。
新幹線が通って、これから町も賑わって行くはずだと、
スナックのお姉さまも言ってらした。
ヒスイをイメージしたカクテルもおいしかったです。謙信か何かがベースだったかな。

P1090278

P1090578

当日雨だったので写真がほとんど残っていない。もっといろいろ撮りたかった。
落ち着いたらまた一度行ってみたい場所なので、一日も早い復旧をお祈りしております。
頑張ってって、気安く言っちゃいけない気もするけど、応援させていただきます。


« 忠臣蔵 | トップページ | 2017年 »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1669327/69000283

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和人情食堂No.5:

« 忠臣蔵 | トップページ | 2017年 »