無料ブログはココログ

amazon

  • PCソフト
  • DVDベストセラー
  • ベストセラー
  • ウィジェット

« 哀愁の膝カックン | トップページ | 雨を描く »

2017年2月28日 (火)

昭和人情食堂№6発売です

アベックラーメン!
P1100856

ということで、本日あたりから全国のコンビニにて、
ぶんか社さまの「昭和人情食堂№6」が売られているはずです。
僕も執筆させていただいております。
どうかお手にとってご一読をお願いします。

「ファミリーマート」は売ってるみたいです。
弟はそこで買ってるそうです。

セブンは置いてないそうなんだけど、うちの近所はセブンしかないので、
けっこう頻繁に利用しております。
昨夜も煙草を買いにぶらりと立ち寄ってきました。

この店は毎度「ペヤング」の新作が発売されるたび、
正面の一番目立つ棚を新商品一色にして度肝を抜くのだけど、
今回は「納豆やきそば」でした。
……
「パクチーやきそば」は買って食べてみたんだけど、
納豆はどうすっかなぁ。結構微妙な食材だったりします。

先日、名古屋の弟が東京まで遊びに来てまして、
納豆カレーのおいしさについて熱く語っていました。
でも僕はやったことがない。
カレー、納豆、それぞれは大好物なのだけど、これの合わせ技となると、
大好物なだけに失敗したときのガッカリ感が半端なさそうで、
どうしても躊躇してしまう。

納豆やきそばか、今度買って食べてみようかな。
案外、おいしいのかもしれない。

ペヤングが次々と「面白やきそば」シリーズを打ち出すのは、
たぶんペプシが「あずきコーラ」とか「きゅうり味コーラ」を出すのと同じ流れだと思う。
まず消費者の目を驚かす。メディアに取り上げられて話題になる。
とりあえず食べてみようかという層が一定以上存在している。
買う、食べる、ラインで広める、
「結構おいしいよね」
と口コミでどんどん広がっていく。

昔のお母ちゃんなら「食べ物をおもちゃにしちゃいけません!」と怒り出しそうだけど、
食べ物には間違いなく「おもちゃ」としての要素もあるので、
僕も笑いながら買い求めてしまうことがある。
まあ、さすがにチョコレート味のやきそばなんかは、
野生の本能が「食べるな」とストップをかけたんですけどね。
友人は「ありゃひどい」とコメントしておりました。

あ、地震だ。けっこう揺れてる。

とにかく消費者に「なんなんだこれは!」と岡本太郎ばりに衝撃を与えなくてはいけない。
こういう精神は漫画でも多く求められるものだったりします。
むかし、「国民クイズ」という漫画をバイト先で読んでいて、
「原子力空母八代亜紀」で腹を抱えて大笑いしていたら、
同年代の正社員様に、
「かわすみさんはそういうのが面白いんだ」
と珍獣を見るような眼を向けられたのだけど、
組み合わせのミスマッチというか、奇跡のマリアージュと申しますか、
「ねえよ」
みたいな否定的おかしさは結構大切。

ただ、それが21世紀日本文化の主流になってしまうのは、ちょっと怖かったりします。

「おニャン子クラブ」が山口百恵に代表される正統派アイドルのパロディとして、
あくまでギャグとして日本歌謡界を茶化していたのが、
いつの間にかそちらがメインストリームになっていて、
正統派の方がいつの間にかいなくなっていた、みたいなのが僕には怖い。

だから、時代がいくらミスマッチな面白さを追い求めていても、
頑固一徹に「焼きそばはソース焼きそば以外には認めねぇ!」
みたいな昭和おやじが、みんな大好きなのだと思います。
そういう人間が今みたいな時代には絶対に必要なのです。

「ひろし兄さん、納豆カレーって美味しいんだよ」
「正統派のカレーしか認めねえ!」

それが精神の狭量さからくる頑固さであったとしても、
時代にスタンダードな正当性を主張する頑迷さは、
実はめちゃくちゃカッコいいんだと、このごろは考えるのです。

単に年をとっただけかもしれませんが。

« 哀愁の膝カックン | トップページ | 雨を描く »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1669327/69759162

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和人情食堂№6発売です:

« 哀愁の膝カックン | トップページ | 雨を描く »