無料ブログはココログ

amazon

  • PCソフト
  • DVDベストセラー
  • ベストセラー
  • ウィジェット

« 昭和人情食堂No.7発売 | トップページ | 端午の節句 »

2017年4月29日 (土)

アンダンテ・ファヴォリ

巣鴨の駅前の天丼チェーン店でオールスター天丼を食べていた。

僕が巣鴨にいたのには特別な理由はない。
迷子になって自分の居場所もわからなかったので、目の前の三田線から地下鉄にのり、
とりあえず山手線の駅に向かったのだ。

小腹がすいたので駅前の天丼屋にとりあえず飛び込んだ。
夕刻近かったので店は割とすいている。
おばあちゃんの二人組と、幼い兄妹、初老の会社員ってところかな。

お店のお姉ちゃんがお茶を持ってくる。汗をかいたので冷たいお茶が欲しかったけど、
やけくそのように熱いお茶だった。
「オールスター天丼」
と、とりあえず注文を出す。となり席の会社員がビールを飲んでいるのがうらやましいが、
飲むと食欲が増進して太ってしまうので、このごろは必死に耐えている。
天ぷらにビール、ものすごく心惹かれるけど、耐える。

「オールスター天丼」にしたのには特に理由はない。
何年か前に同じチェーンの店に入ったとき、男性客が「オールスター天丼!」と
何人も続けざまに注文していたので、
「なんでオールスターやねん」
とちょっと気になっていたのだ。本当はアナゴ天丼とかき揚げどんが好物だったりする。

お姉ちゃんが海老やらイカやらの乗った「オールスター」な天丼を持ってくる。

店の中には有線か何かのピアノ音楽が流れている。
天丼にピアノという組み合わせは、いかがなものだろうと思うけれど、
自然と耳は音楽に聴き入ってしまう。
そういう性分なのだ。

ショパンの練習曲やら、有名な曲が次々流れていくのだけど、
中で一曲、知ってるはずなのにタイトルのわからない曲があった。
素朴な旋律で、穏やかな感じのピアノ曲。
「これ、何だったかな」
なんとなく、ベートーヴェンのピアノ曲なんだろうなというのは見当がついた。
でもベートーヴェンのピアノ曲って、有名どころは割と限られている。
32曲のピアノソナタを除くと、「エリーゼのために」とか、
数曲くらいしか聴いた覚えがない。
「失くした小銭への怒り」とか。(シューマンが笑い転げながら絶賛した曲)

記憶を必死にたぐるのだけど、どうしても思い出せない。
そのうち曲が終わってしまったので、僕は勘定を済ませて店をあとにした。

それから半月ばかり、頭の中からこの曲が離れなくなった。
強迫観念的にメロディーが頭の中で再生されるのだ。
明け方目覚めると頭の中で鳴っていたりする。
これはもう、タイトルをはっきりさせないと気持ち悪くて仕方がない。

手持ちのCDのタイトルを片っ端からさらい、YouTubeも駆使したけれど、
どうしても見つけることができない。
「いやいや、これ有名な曲じゃん」
と思うけれど、ないものは仕方がない。
実はベートヴェンじゃなくてシューベルトなのかとも思ったけれど、
そちらの線でもわからなかった。
ならばショパンか?いや、このドイツまみれのくそダサいメロディは、
ピアノの詩人の作品にしては洗練度が足りない。
なんかオッサンが夕暮れの散歩道を大声で歌いながら歩いている、
そんな感じのメロディなのだ。

この野暮ったさはベートーヴェンに間違いない。あのオッサンのやらかしそうな曲なのだ。

そのとき、ふと頭をかすめるものがあった。
そういえば、ベートーヴェンのピアノソナタで、楽聖が友人に感想を求めたら、
「長すぎるよ。せめて第2楽章はもっと短くしたほうがいい」
とアドバイスされて、緩徐楽章を丸々書き直した曲があったはずだ。
はずしたのはいいけれど、没にするにはあまりにも素敵な緩徐楽章だったので、
その曲は独立したピアノ曲になっていたはず。

元になったピアノソナタは確か「ワルトシュタイン」。
外された曲は「アンダンテ・ファヴォリ」だったかな。

で、YouTubeで探してみたら、まさにその曲だった。

タイトルの意味は「お気に入りのアンダンテ」ってことで、この曲が気に入った楽聖は、
あちこちの演奏会でこの曲を弾きまくったらしい。
僕はいったいどこでこの曲を耳にしたのだろうと思ったら、
自分が二十歳くらいのとき、つまり三十年近く前、
ラジオでエアチェックした誰かのリサイタルを、繰り返し聴いていたのだ。
漫画を描きながら流し聴きしていたので、頭にこびりついていたのだろう。

で、すっきり解決しましたというお話なのでした。

この曲がもともと入っていた「ワルトシュタイン」の方は僕がよく聴く曲で、
「世紀末オカルト学院」だったかな、アニメの中で全楽章を繰り返しBGMに使っていて、
なんでこの曲?と思ったのだけど、結構作品に合っていたので不思議だったりしました。

まあ、割とどうでもいいお話です。

« 昭和人情食堂No.7発売 | トップページ | 端午の節句 »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1669327/70415048

この記事へのトラックバック一覧です: アンダンテ・ファヴォリ:

« 昭和人情食堂No.7発売 | トップページ | 端午の節句 »