無料ブログはココログ

amazon

  • PCソフト
  • DVDベストセラー
  • ベストセラー
  • ウィジェット

« ジブリ | トップページ | チュッパチャプス »

2018年4月30日 (月)

セピア色

普段、お酒はあまり飲まないのだけど、ゴールデンウイークたけなわの昨今、
ちびりちびりと梅酒を飲んでいる。
この頃の都内は晴天に恵まれ、歩道わきのツツジの花も鮮やかな色彩が目に痛いくらいだ。
すでにして、半袖の人も大勢歩いている。まさに汗ばむ陽気というやつ。
こんな気持ちのいい日にさわやかな梅酒というのは、まんざら悪くもない。

なんでまた梅酒なのかというと、仕事場を少し整理していて、
古い新聞の切り抜きを発見したのだ。たぶん十年くらい前のもの。
毎日の新聞に目を通していて、自分の興味のあるものが見つかれば、とりあえず切り抜く。
そのうち何かの役に立つだろうと思ってのことだけど、その時は内容も覚えているのに、
五年、十年とたつうちには、そんな切り抜きがあったことですら、忘れてしまう。
「いったい何のために切り抜いているんだか」
という話なのだけど、まあこうして何年か経って読み返す機会もあるわけで、
まったく無意味ということも、なかったのだな。

その切り抜きは、
「旦那がテレビで梅酒を使った親子丼の作り方を覚えて、私に作れとリクエストした」
という女性コラムニストさんによるもので、
「へえ、梅酒で親子丼ね」
と、多少の興味をひかれたのであった。いや、じゃあ面白いのはテレビのネタじゃん!
となりそうだけど、
自家製の梅酒づくりに精を出し、その活用法をいろいろ試行錯誤する旦那さんとか、
親子丼を作る過程で、梅酒より鶏肉を湯引きする面白さに目覚めてしまった奥さんとか、
夫婦のすれ違いと、その中で生まれる生活の豊かさと、
……読んでいてとても楽しいコラムだと思う。

で、その切り抜きを発見したので、では、梅酒を買ってきて作ってみますか、
となったわけである。親子丼は手軽なので自分でもよく作るのだけど、
梅酒を加えるのは、もちろん初めてである。

砂糖やみりんなどの甘みを梅酒に置き換えるということだと思うのだけど、
いちおうちゃんとした親子丼になった。少し味が薄いかなと感じたのは、
コラムにあった、濃い目にタレを作れと言う指示を無視したからだ。
……僕は高血圧なのである。

で、余った梅酒はと言えば、当然、飲んでしまえとなる。
お酒はあまりたしなまないけど、身近にあれば手をだすことにやぶさかではない。
幸い、今日もお天気は「梅酒日和」なのだ。

「梅酒くらいで酔うことはないだろう」と高をくくっていたけど、
久しぶりであれば、ちょっといい心地にもなってくる。

新聞の切り抜きは大量にある。大量にありすぎて、読み返すのが億劫になってくる。
昔、裁判員裁判が始まった頃は、連日新聞に載る記事やら特集をファイルしていたので、
その分だけでもものすごい量があった。
小説家の小川国男さんのコラムも発見。お亡くなりになる少し前のものだけど、
短い文章に印象的なフレーズが散りばめられている。
ギリシャ彫刻のような大理石の文体は、コラムになってもやっぱり心地がいい。

切り抜かれてそのまま積み上げられた新聞紙面は、歳月の経過とともに日に焼け、
煙草の煙にいぶされて、茶色く変色していたりする。
古い昭和の写真と同じ、セピア色である。
今ならスマホやパソコンでコピーペーストすれば済む話なので、
ずいぶん時代がかった作業だな、とも思う。

ふと、古い時代がセピア色になるという昭和時代の言い回しについて考えてみた。
たぶんこの表現も、何十年か経つうちには、死語の世界に入ってしまうかもしれない。
なんせ、この場合のセピア色というのは、紙の色が劣化して茶色くなったり、
昔のカラー写真の青い色彩が退色して、赤みがかった色合いになることを言うのだ。
写真の画像データがデジタル信号に置き換われば、
「セピア色」という表現が実感を伴わない時代に変わるかもしれない。
僕たちが映画やテレビなどで、古い時代を表現するのに、白黒の映像で過去を感じたり、
セピア色の映像に懐かしさを感じるのは、
半世紀前の映像は基本的にモノクロであるとか、
紙や写真が時間の経過とともに茶色く変色するという体験を、土台にしていたりする。

だから、例えば十年前の思い出をセピア色の映像で表現するのは、
理屈としてはおかしい。あの時代に撮影された映像は、画素数の違いこそあれ、
基本的に劣化のないデジタル画像のはずであるから。
実際、今描いている漫画でも、編集部から十年前の写真データをいただいているけど、
これがつい昨日のことだと言われてもまったく見分けがつかない。
写真に写っている方の現在の姿と引き比べて、ようやく十年の重みを感じるくらいだ。

では、十年の時代の流れをどう表現するかといえば、これがまるで見当もつかない。
もし映像作品であるなら、色彩をセピア色にして時代の古さを表現するという、
古典的な手法に安易に頼らざるを得ない。
十年前の出来事がセピア色になるという物理的根拠はまったくないにも関わらず。

まあ、だからって回想シーンだけ画素数が十分の一以下になるっても、
おかしな話ではあるのだけど。

もし天才というのがいるのだとしたら、ここで万人の納得する回想の表現を、
鮮やかに編み出せる人を言うのだと思うのだけど、僕ごときではまったく見当もつかない。
昭和時代の映像表現に慣れ親しんだ自分にとって、
回想とは、新聞の切り抜きのようにセピア色に変色し、
扱いを誤ればボロボロと崩れ落ちてしまいそうな、ひどくアナログな表現なのである。

という文章を、梅酒を飲みながらほろ酔い気分で書き上げたのだった。(酔)

« ジブリ | トップページ | チュッパチャプス »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1669327/73397959

この記事へのトラックバック一覧です: セピア色:

« ジブリ | トップページ | チュッパチャプス »