無料ブログはココログ

amazon

  • PCソフト
  • DVDベストセラー
  • ベストセラー
  • ウィジェット

« お金についてのあれこれ | トップページ | みそぎ »

2018年4月15日 (日)

ショートショート……かな?


軒先に床几を引っ張り出して、爺さんがのんきに夕涼みをしている。
夏の暑い日のことだ。私は夏の制服が汗でべとつくのを気にしながら、
「お爺ちゃん、ただいま」
と気のない挨拶をした。
「おう」
と気のない返事が返ってきた。

昭和が終わろうという時代の話だ。先の戦争では南方まで行き来する輸送船に乗っていた爺ちゃんも、このごろは少しボケ始めていて、久美子という私の名前をよく失念する。貴ちゃんになったり、胡蝶になったりする。面白いので一度その名前で
「なあに」
と返事をしたら、私のお尻を撫でまわしてきたので、慌ててその手を叩いて逃げ出した。
お爺ちゃんはカラカラと陽気に笑いながら、また床几の上に横になった。

窓の下で綺麗に咲いていた朝顔は、花がしなびて鉢のふちに垂れ下がっている。
十年前も、五十年前も、同じような風景が下町にはあっただろう。たぶん十年後も五十年後も、やっぱり同じ風景がこの町に残っているはず。新幹線が走り、街に歌謡曲が流れるご時世になっても、爺ちゃんの時間感覚の中では銀座は大正時代の銀座のまま、チンチン電車が走り回り、モボとかモガとかがオシャレなパーラーでアイスクリンを食べているのだ。

「スマホがのう」
ある時、お爺ちゃんの隣で西瓜を食べていたら、聞きなれない言葉が飛び出してきた。
「何?」
「スマホだよ、スマホ」
お爺ちゃんはさも当たり前のことのように話を振ってくる。
「スマホって何よ」
「小さい電話だよ。お前は知らんのか」
……知らない。うちにあるのは昔ながらの黒電話だし、スマホなんて言葉は生まれてこの方聞いたこともない。大正時代には小型の電話のことをスマホとでも言ったのだろうか。
「あれは便利だのう。和江さんにもそのうち買ってあげよう」
爺ちゃんは私の頭をクルクルと撫でまわしながら満面の笑顔を見せる。ちびっこだった頃からの爺ちゃんの癖だ。あと、私は和江ではない。久美子だ。

スマホという謎のような言葉が気になって、図書館でいろいろ調べてみたのだけど、そんなものは百科事典のどこにも存在していなかった。父に質問してみても、
「軍隊の符丁か何かじゃないのか」
とのことであった。爺ちゃんは海軍の輸送船で南方まで行き来していたから、その可能性がもっとも高い。

「スマホって海軍の符丁でしょ」
そう本人に聞いてみると、
「阿保か、スマホがあれば日本はアメリカに勝っとったわ」
と笑い出した。なんだその最終兵器。
「じゃあスマホって何なのよ」
「カメラにもなるし、テレビにもなる。調べ物もすぐに見つかるし、音楽だって聴ける」
「ほう」
私はジャバラのついた二眼レフのカメラにブラウン管が搭載され、ブリタニカの百科事典と蓄音機のラッパの生えている奇妙奇天烈な物体を想像した。そいつが米軍の航空基地に襲い掛かり、B29を千切っては投げ、千切っては投げと八面六臂の大活躍をする。まるで怪獣映画のワンシーンだ。恐るべし最終兵器スマホ。帝国海軍はそんな秘密兵器を極秘裏に開発していたのか……そんなわけがない。

爺ちゃんは縁側で蚊取り線香の入った陶器のブタさんを眺めながら、
「スマホは便利じゃが、あれで街がすっかり衰退したのう。若者がスマホに夢中になるものだから、商店街も本屋も、みんな潰れてしまった」
と寂しそうにつぶやいた。
私の空想の中で秘密兵器スマホが商店街を破壊して回る姿が円谷プロのゴジラのノリで再現された。ジャバラの先のレンズから怪光線が発射され、八百屋の店先のキャベツやら大根やらが粉砕されていく。蓄音機のラッパから放たれた音響兵器により、本屋の本という本がビリビリに切り裂かれる。サザエさんが裸足で逃げ出していく。もう何が何だか訳が分からない。

「スマホって……怖いね」
わからないなりに感想を伝えてみると、爺ちゃんはウンウンと大きくうなずき、
「便利なものが人間を幸せにするとは限らん。便利だからってみんな切り詰めてしまったら、儲けるのは一握りの人間ばかりで、世のなかの大多数は貧乏人になってしまう。便利ってのは人に頼らないってことでもあるからな。人間が人間を支えあって、毎日を平穏に暮らしていく、それが一番の幸せだよ。みずゑさんにもそのうちわかるだろう」
と、満面の笑顔で私の頭を撫でまわした。
「爺ちゃん……私は久美子だよ」
爺ちゃんはカラカラと陽気に笑い出した。

爺ちゃんは昭和が平成になる少し前にポックリと大往生した。その後私は結婚し、一男一女の子宝にも恵まれた。彼らは今年高校二年生と中学の三年生になる。
今朝も朝食の用意をしていると、わき目も振らずにスマホとにらめっこだ。
「スマホばっかりいじってると人類が滅亡するわよ」
味噌汁を運びながら私が注意をすると、
「なんだよそれ」
「お母さん、大げさだよ」
とまるで相手にもしない。
やれやれ、今どきの子はつまらない。お爺ちゃんの話をしても、私の作り話だと思ってまるで信用してくれない。
でも私は確信しているのだ。お爺ちゃんはボケ始めて予知能力を発揮するミラクル爺さんになっていたのだと。


« お金についてのあれこれ | トップページ | みそぎ »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1669327/73302641

この記事へのトラックバック一覧です: ショートショート……かな?:

« お金についてのあれこれ | トップページ | みそぎ »