無料ブログはココログ

amazon

  • PCソフト
  • DVDベストセラー
  • ベストセラー
  • ウィジェット

« 「源氏物語」の男女を入れ替えてみた。 | トップページ | 「名人伝」 その2 »

2018年12月28日 (金)

「名人伝」 その1

先日、「あなたの描いた名人伝はどうすれば手に入るのか」という質問があって、
そういえばそういうものも描いたけど、単行本にはなってないし、
「もう手に入りません、ごめんなさい」
という返信をしたのだった。

それで、どうせ出版社も漫画事業から手を引いているし、
原稿をアップしてみようかとも思ったのだけど、
なんと、ハードディスクの中に完成原稿が保存されていないのだった。

生原稿とかは残ってるんだけど、パソコンでの処理をする前なので、
一部背景とかトーン処理はされてないんじゃないかな。

では雑誌掲載時のものがあるかというと、これもどこかへ行ってしまった。
かろうじて、ネームだけが発見されたのだった。

Photo

ネームとは言っても、僕にしては割と丁寧に描いてあるネームだし、
僕の場合、ペン入れしたものよりネームの絵の方がいい場合もあるので、
これをちょいちょいアップして、あとでまとめて読めるようにしようかと、
今、あれこれ考えているところ。

さすがにそのままだと字が読みにくいので、冒頭を活字にしてみた。

0001

0002

0003

記憶の中では30ページくらいあるように錯覚してたけど、
実際は16ページだった。まあ、正月中には活字が入るかなと。

いちおう解説しておくと、現在休刊中のに漫画サンデーに2012年ごろ掲載されていて、
過去の文豪の作品のコミカライズという企画ものだった。
で、僕は中島敦さんの「名人伝」を選択したのだった。
これは一度絵にしてみたかったのだな。
ただし、中島敦は漢文調の実に見事な文章を書く達人で、
僕がいくら背伸びをしたって、これに匹敵する漫画は絶対に描けない。
それにページ数もないので、割と簡単に要所要所をまとめた体裁になってる。

見返すと、今ならもっと上手にペン入れ出来るのになと、
いろいろ悔しい思いをするのだな。
むしろ、今もう一度ペン入れをし直したいくらいだったりする。

漫画の表示方法についての実験みたいな側面もあるので、いろいろ試行錯誤します。
続きは気長にお待ちくださいませ。


« 「源氏物語」の男女を入れ替えてみた。 | トップページ | 「名人伝」 その2 »

漫画講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1669327/74842292

この記事へのトラックバック一覧です: 「名人伝」 その1:

« 「源氏物語」の男女を入れ替えてみた。 | トップページ | 「名人伝」 その2 »